2014年2月2日日曜日

シルクロードS展望 2014


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2013 12.4-11.4-11.2-11.1-10.9-11.6 35.0-33.6
2012 12.0-11.0-11.1-11.0-11.3-11.9 34.1-34.2
2011 12.5-11.0-11.3-11.1-10.9-11.4 34.8-33.4
2010 12.2-11.1-11.1-11.2-11.0-11.5 34.4-33.7
2009 11.9-10.8-10.9-11.0-11.7-12.2 33.6-34.9
2008 12.3-10.6-10.8-11.2-11.9-12.3 33.7-35.4
2007 12.0-10.7-10.8-10.7-11.2-12.4 33.5-34.3
2006 12.2-11.1-11.1-11.0-11.5-12.0 34.4-34.5
2005 12.3-10.7-10.9-11.2-11.3-11.7 33.9-34.2
2004 12.5-10.8-11.1-11.1-11.2-11.9 34.4-34.2

過去10年の平均ラップタイム
12.23-10.92-11.03-11.06-11.29-11.89
1.08.42 34.18-34.24




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半は極端に速くはならないものの、4F目までなかなか
スピードが落ちずに速いラップを刻んで、そのまま勝負所に突入→ラスト1Fだけ
落ちる形。

ここではスタート直後がそれほど速くならず、前後半イーブンに近い流れになる
ので、単純に上がりの性能が問われるレース…とも思えるのだが、3コーナーの
下り坂の影響を受けてペースの落ち着く場面がないため、一定以上のスピードに
"居続ける"ための持続力が、強く問われることになる。

脚質的には、先行&差しだけではなく、(この時期の馬場なので)前半を完全に
受け流して決め手に賭ける馬まで十分届く可能性もあるが、それを考える前に、
(地力はもちろんだが)京都向きの持続力という、適性面の裏付けだけはやはり
取っておきたいイメージ。


好走する条件
・スピード持続力があること


予想

◎ストレイトガール
今のところベストだと思えるのは、ハイペースからの溜め→切れという方向には
思えるので、京都向きの持続力という点でどうか…といった部分はあるのだが、
展開に寄らず、常に好走はしていて、適性的に穴という穴がある訳ではないし、
単純に地力で上という気もしている。
イメージ的にも、プレイズエターナルを抑えつつ、レディオブオペラをキッチリ
交わす…という絵は描ける。

○プレイズエターナル
前走は鞍上が綺麗なアウトインアウトを決めたように見えたが、肝心なところで
進路が狭く抜け切れなかった内容だし、前々走はスローからの完全な上がり勝負
だったので、そのどちらも仕方ない…と言える負け方。
当然今は、秋の開催とは馬場が全く違っている訳だし、今度はもう少し力を発揮
出来ても良さそうに思える。いつかは重賞を勝つ馬。ここの可能性も当然ある。

▲レディオブオペラ
単純にスピード領域に居続ける能力…ということで言えば、ここ4戦の京都での
パフォーマンスで十分に証明しているし、阪神1400mでも好内容を示している点
からは、地力でも問題があるという訳ではない。
それでも常に同じような内容のみで結果を出してきた馬だけに、適性の幅という
部分で、1倍台前半というだけの信頼感は正直ない。

注サイレントソニック
元々1400mでも強い内容を示していた馬だし、持続力は当然備えていて、ここの
適性には当てはまっている。
今回、消極的な競馬をして、展開に大きく左右される…という可能性はあるが、
少なくともイーブンペースくらいに流れれば、ある程度の浮上は見込めそう。

△マジンプロスパー
昨年は極端な決め手勝負でまずまずの4着だったが、一昨年はスピード持続力
勝負で伸び切れない内容。
パワー重視の馬なので、この時期自体は合っていると思うが、今年はおそらく
一昨年に近い展開。微妙な気がする。

△ワキノブレイブ
前走はなかなかの内容で勝ち切っていて、展開次第ではこのメンバーに入っても
ある程度出来る可能性はありそう。
スピード面での不安はあるが、少しでも時計が掛かる馬場になっているようなら
一応は考えておきたい存在。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事