2014年2月2日日曜日

根岸S展望 2014


過去のラップタイムは以下の通り。

2013 12.5-11.5-11.7-12.3-11.9-11.8-12.0 35.7-35.7
2012 12.5-11.2-11.6-12.1-12.1-11.8-12.2 35.3-36.1
2011 12.4-11.2-11.6-12.1-12.0-11.8-11.9 35.2-35.7
2010 12.4-11.5-11.7-11.8-11.8-12.0-12.5 35.6-36.3
2009 12.2-10.6-11.3-12.1-12.1-11.6-12.2 34.1-35.9
2008 12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5 34.3-36.4
2007 12.5-10.8-10.9-11.7-12.0-12.7-12.9 34.2-37.6
2006 12.2-10.8-11.6-12.1-12.3-12.2-12.5 34.6-37.0
2005 12.5-10.9-11.6-12.3-11.9-11.7-12.1 35.0-35.7
2004 12.3-10.9-11.6-12.1-12.3-12.1-12.7 34.8-37.1

過去10年の平均ラップタイム
12.37-11.01-11.50-12.06-12.03-11.97-12.35
1.23.29 34.88-36.35




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半速く流れて、4F目からはほぼ一定のスピードを維持
するような展開で、ラスト1Fだけ少し落ちる形。

この展開だと、とりあえずは前半である程度引っ張られるので、一定の持久力は
問われて、尚且つ、レース後半では長い脚が必要となるために、末脚の持続力を
持っていることも重要になる。

脚質的には、ちょっとした展開の違いで先行も差しも決まる舞台だと言えるが、
切れだけとか、粘りだけ…では厳しい舞台なので、それよりもまずは適性面での
選択の方を重視したいイメージ

また近年に関しては、以前と比べると、前半が少し落ち着く傾向が出てきている
ので、マイラータイプが決め手を発揮して浮上する可能性は、一応しっかり考慮
しておきたいところ。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎ゴールスキー
とりあえずこの舞台では、ペルセウスSで最後凄い脚を使って勝利しているし、
その時のパフォーマンスもまずまずの内容になっている。
また前走の武蔵野Sで、勢い良く浮上しつつ最後フワッとした内容を考えると、
1400mでしっかりと決め手を発揮した方が実力を示せそうなイメージもある。
少し間隔が空いた状態は気になるが、ここでは注目してみたい存在。

○アドマイヤロイヤル
これまでの経歴を見直しても、不思議…と思えるくらいの初参戦だが、持続力は
十分示している馬だし、マイルの厳しい展開でも浮上出来ているように、持久力
という点でも問題はない。
あとは内枠をしっかり活かす競馬をすれば、勝ち切る可能性も当然ありそう。

▲ドリームバレンチノ
ダートは超小回りの金沢、園田での2戦しか経験がないので、正直判断するのが
難しい存在だが、厳しい展開に耐えられる地力と、上がりでしっかりと脚を使う
という能力は(少なくとも芝では)示していて、この舞台をこなす可能性は十分
ありそうなイメージ。絶対視はしないが評価はしておきたい。

注ブライトライン
持続力は当然示している馬だが、やや一本調子に感じる部分があって、それは
同舞台で完勝した麦秋Sでも同じだった。
実力的にここでもある程度は粘ると思うが、勝ち切るためにはもう少しだけ速い
上がりが必要なイメージにはなる。可能性はあるが強くは推し切れない。

△シルクフォーチュン
(極端ではなく、周りがそれなりに止まるくらいの)まずまず速いペースで追走
して、自身はしっかり決め手を発揮する形でこそ…という、注文の多い実力馬。
とは言え、極端に速いペースというのは近年ないので、昨年のような緩み方さえ
しなければ確実に浮上できそう。確率的にはそれ程低くはない…という印象。

△アドマイヤサガス
武蔵野Sでは、前半~道中でしっかりと脚を使う形からまずまずの粘りを見せて
いるし、エニフSやコーラルSでも、ここの基準はとりあえずクリアしている。
元々ある程度の上がりの脚も備えているタイプだし、適性的にこの舞台には十分
嵌っても良さそう。あとは外枠からどんな競馬をするか…という問題。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事