2014年2月22日土曜日

フェブラリーS展望 2014


予想
近年の中でもメンバーがかなり揃った印象ではあるし、それぞれが勝つ可能性を
十分に考えて臨んできそうなので、当然楽なペースというのは考えづらい。
それでも、絶対的な逃げ馬は不在で、極端なハイペースまでにはならないという
気もするので、イメージ的には、好位~好位差しの王道地力勝負を想定したい。

◎ベルシャザール
元々芝時代には(個人的にベストパフォーマンスと思える)スプリングSなどで
溜め→切れを発揮していた馬が、武蔵野Sのような、スピードに締め付けられる
ような展開にも対応して、さらには初挑戦のダートG1をキッチリ勝ち切った。
JCダート自体、展開に関して少し微妙なところがあるにしても、これは並では
出来ない芸当だし、地力という点では当然上の存在だと言えて、適性面にしても
切れ、持続力、持久力のどの観点からも、今のところ穴はない。
ぶっつけの不安は当然あるが、ドバイへの期待も込めて、ここは推したい。

○ニホンピロアワーズ
東海Sでは、道中で極端に脚を使いつつ完勝していて、そのパフォーマンスも、
単純に比較して昨年のグレープブランデーより上に扱える水準。
本質的には、長めの距離で純粋な持久力を活かした方がいい馬だとは思うが、
ここのスピードで締め付けられても、殺されないくらいの(体の芯の)強さが
あるのでは?という気がする。
マイルの裏付けは結局ないが、勝ち切る可能性まであっていいはず。

▲ベストウォーリア
とりあえずの第一感としては、推したくなるような馬体をしている。
この舞台では、ユニコーンSの溜め→切れに加えて、武蔵野Sで十分な持続力を
発揮していて、適性面からは問題は見当たらない。
ただし、ここを勝ち切るような馬は、何だかんだと言って2000mくらいの距離も
こなすのが普通だし、その意味ではJDDの内容が物足りなく感じて、もう少し
だけ走りにゆとり(純粋な持久力)が欲しいイメージにはなる。2、3着なら。

注ワンダーアキュート
まずは2年連続で3着しているのだから、地力と適性面からは、当然上位扱いを
しておくべき存在。
ただし、持ち前の地の強さでこれまで何とか格好はつけてきたものの、結局3着
止まり…という部分で、絶対的なスピードという点での限界を感じなくもない。
したがって今回も、好走まではもちろんあっていいが、勝ち負け争いをしている
1つ後ろ…というイメージ。

△ソロル
この舞台では、超高速ヒヤシンスSで浮上した経験があって、その時の前半~
道中のパフォーマンスは、もう少しでここに届きそうなくらいの水準で、3歳に
なったばかりの馬とは思えないような内容を示している。
したがっていきなりのこのメンバー相手でも、可能性としては考えたくなるし、
「ラスト1Fの強さ」というのはあるので、同父サクセスブロッケンの時のように
早めの仕掛けから→最後は惰性の戦い…とかになったら面白いかも知れない。

△ホッコータルマエ
地力は当然上位だが、基本的には溜め→切れという方向に特化している印象で、
この舞台では、スピード持続力という部分でどうか?という感覚になる。
もしここで勝ち負けまで何とかなるというのなら、JCダートでもう少し際どい
争いをしていて欲しいところだし、崩れないという地の強さは見せるにしても、
強く推したい気持ちには正直ならない。


☆ゴールスキー
根岸Sの内容が、一昨年のテスタマッタに近いパフォーマンスになっていて、
一瞬推してみたい感覚になったりもしたのだが、この馬には、芝時代から(道中
~上がりでの)"持続"という部分に偏り過ぎている印象が正直ある。
したがって、ここで前半からしっかり引っ張られた場合に、持久力という点で、
最後少し息切れしてしまいそうなイメージ。注目はしたいが、やや静観。

☆アドマイヤロイヤル
この舞台への適性は当然高く、何かしらの穴があるという訳ではない。
それでもこのメンバーを相手にすると、さすがに地力でどこまで…という感覚に
なるし、正直今回は主張点が見つからない。
中団からまずまずの着になだれ込み…くらいが妥当な印象。

☆シルクフォーチュン
前走・根岸Sは、内容としてはここで2着した一昨年に近いパフォーマンスを
示していて、状態的にはまだ十分出来て良さそう。
それでも今回は、その時のように前が崩れる展開までにはならない気はするし、
遅れて浮上して掲示板くらい…というのが妥当。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事