2014年11月16日日曜日

福島記念展望 2014


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2013 12.0-10.9-10.8-11.7-12.1-12.6-12.3-11.6-11.2-12.1
2012 12.0-11.3-11.5-12.5-12.6-12.7-11.8-11.8-11.3-12.0
2011 12.5-11.0-12.0-11.9-12.0-12.8-12.3-11.6-11.1-11.9 新潟開催
2010 12.0-11.1-12.3-11.6-12.0-12.6-11.7-12.1-11.7-11.8
2009 11.8-11.1-11.1-11.6-11.9-12.3-12.4-12.4-11.6-12.4
2008 12.1-11.3-11.5-12.1-12.1-12.3-12.3-12.0-11.6-12.8
2007 12.3-11.5-11.9-11.9-12.0-12.4-12.1-12.1-11.7-12.7
2006 12.3-11.2-12.1-12.2-12.6-12.8-12.6-12.4-12.4-13.3
2005 12.0-11.3-12.2-12.7-12.8-12.5-11.9-11.8-11.5-12.5
2004 12.2-11.4-12.4-12.1-12.2-12.5-11.9-11.4-11.4-12.8

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.08-11.23-11.76-12.04-12.26-12.52-12.11-11.96-11.60-12.49
2.00.04




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半がある程度速くなって、2コーナー~向こう正面に
かけて一旦流れが落ち着き、その後ラスト4F~3Fで徐々にペースアップしつつ、
4コーナー~直線半ばで一気に力を使い→最後はラップがかなり落ちる形。

ここの特徴は、"前半部分の速さ"と、スパイラルカーブ&直線の短さという意識
に由来する"仕掛けの早さ"の2点。

スタート直後にある程度引っ張られつつ、3コーナー辺りからジワジワ加速して
いく…という展開によって、道中息の入らなかった馬が少しずつ淘汰されていく
サバイバル的な要素の強いレースとなり、持久力の高さがしっかり反映される。

脚質的には、ラスト1Fのラップが落ち込むことで、直線で隊列がガラっと変わる
ことも当然あり得るが、それ以上に、この展開に耐えられるかどうか?…という
部分がまずは重要なので、その裏付けだけはしっかり取っておきたいところ。


好走の条件
・高い持久力が問われる


予想

◎ムーンリットレイク
前走は、前半~道中が相当に締まった展開を番手から進めた格好なので、最後に
崩れたことは仕方がないし、とりあえずは度外視できるはず。
この舞台では、福島民報杯でハイペースを(勝ち馬には離されたものの)2着に
粘った経験があり、裏付けは一応しっかり示しているし、この程度の人気ならば
普通に推してみたい存在。

○メイショウナルト
前走は、マイペースに持ち込めた!と思った瞬間くらいに絡まれて、結局道中で
かなり脚を使ってしまった形で、最後止まったことは仕方のないところ。
それを考えるとここは巻き返しが期待できる場面だし、昨年も11月から急に走ら
なくなった…という怖さはあるものの、とりあえずは上位に扱いたい。

▲マジェスティハーツ
持久力に関しては、大阪-ハンブルクCなどでしっかり示しているので問題ない
だろうが、やはり本来は広いコースでもう少しゆったりと進めたいタイプ。
したがってここであまり強く推すのは気が進まないのだが、今回のメンバー的に
他にこれ!という馬がおらず、結局は上位評価。直線に賭ける競馬なら。

注アンコイルド
前走のダート戦はともかく、香港以来さすがに物足りない内容が続いているが、
元々地力の面では当然上の存在だし、今回間隔が空いたことで少しでも立て直す
ことが出来ていれば、可能性としては一応あっても良さそう。
正直確信も何もないが、他に選びようがない…。

△ウインマーレライ
ラジオNIKKEI賞は、インに潜り込んで上手く立ち回った…という内容だが、一応
パフォーマンスとしては、前半ハイペースから→上がりをしっかりまとめた格好
ではあるので、とりあえずピックアップだけはしておきたい。
ただ、単純に地力の部分で、感覚的には過剰人気気味には思える…。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事