2016年10月22日土曜日

菊花賞展望 2016


予想
土曜の競馬を見れば、相変わらず速い馬場で、しっかりと時計も出ているし、
内枠有利なのもハッキリと感じる。

結論から言うと、人気的には2強対決という雰囲気だが、この舞台への適性まで
考えると、絶対的な1頭がいて、その下が混戦…というイメージ。
⇒枠がより重要になりそう。

◎サトノダイヤモンド
地力は当然高く、ゆったりとした走りをして、最後の部分の惰性もしっかり効く
…というタイプ的にも、菊花賞にはピッタリはまる。
前走も、仕掛けの早い展開で、相手に一応迫られはしたものの抜かせる気配は
全くなくて、最後までキッチリ持続させての押し切り。
前哨戦としてはベストの内容だったように思える。
今回は内枠もしっかり確保したし、実力&適性&(運も含めた)環境の全てが
揃った印象で、1つ抜けている扱い。当然推したい。

○カフジプリンス
前走では、前が壁になっていたためかor一瞬の脚がなかっただけなのかは微妙
だが、直線で何もしないような時間が少しあった中で、ワンテンポ遅れて最後に
しっかり惰性を効かして浮上して来た。
その手のパフォーマンスを示した馬が、この舞台で前進するイメージは十分に
描けるし、今回は最内枠をして、下り坂を上手く使う印象のある岩田Jが跨って
いる…という点も心強い。上位争いは普通に出来ていいはず。

▲シュペルミエール
前走の道中~上がりで示したパフォーマンスは、神戸新聞杯組と比べてもそれ程
遜色のない内容になっているし、そちらに出走していても掲示板争いくらいは
普通に出来ていた扱い。
そこで示した地力と、前々走のロングスパート戦で示した持続力の合わせ技で、
ここをこなす可能性は十分ありそうだし、内枠からそれなりのポジションを確保
出来れば、上位に残れても不思議ではない。注目しておきたい。

注ディーマジェスティ
持久力&持続力は当然高いものを示しているし、地力では普通に上という存在。
ただ、チョコチョコはしないものの、ゆったりしている訳でもない…という走法
的には、やはりバランスの取れた中距離馬のイメージが強くて、効率の部分で、
長い道中を進めれば多少なりともパフォーマンスを落とす可能性はある。
少し弱くなったディーマジェスティというのは、周りの馬と比較してどの程度
なのか?走ってみなければ分からない本当に難しい問題…。⇒中途半端の注。

△プロディガルサン
青葉賞&ダービーでは、完全に逆境の立場ながらそれなりに力は見せていたし、
前走にしても、ゆったりしたタイプなだけに、中山では持て余した感が強くて、
ここで距離延長&広いコースに替わっての前進は十分に考えられる。
ただ外枠。個人的に、春の段階からここでのイメージを膨らませていた馬だし、
本来は2、3番手にはしたかったのだが、無理に我を通しても、大きな流れに
跳ね返されるのは常。無念だが、ここまでの評価。

△レッドエルディスト
神戸新聞杯で(切れ不足で)少し負けるというのは想定の範囲内だが、今年の
場合は、仕掛けが早く、ややイレギュラーな持続型の展開だったため、その中で
最後少し止まってカフジプリンスに迫られた…というのは微妙なところ。
元々は最後止まらないイメージで、ここには合うタイプだと考えていた馬だが、
正直信用しきれなくなった…。
実力的に浮上は当然考えるが、あくまで相手候補の1頭という扱い。

△ミッキーロケット
前走は、4コーナーで少しゴチャついた場面がありつつも、直線では鋭い脚を
見せて相手に迫った格好で、データ的に見ても、これまでとは一線を画すような
高いパフォーマンスだった。
ただし「鋭い脚を見せた」というところが、やはり中距離馬の切れ…という印象
にはなって、それが菊花賞につながるのか?は微妙。
(当然だが)ある程度人気にもなっているし、少しだけ静観したい気持ち。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事