2017年12月17日日曜日

朝日杯FS展望(予想)2017



予想

土曜の芝レースは、見事なまでにキングカメハメハ(&ロードカナロア)しか
勝っていない。
今回、本命に関しては特に迷う必要はないと思っていたのだが、これほどに
偏ったものを見せられると、どうしよう…とはなる。

これはつまり、京都のようにラスト4Fでジワジワと速い脚を使うのではなく、
メリハリ良くラスト3Fで(直線で真っ直ぐに)決め手を発揮…という部分と、
パワー系という部分がはまりやすくなっている…のだとは思う。

位置取り的にも、ペースが落ち着けばそれなりに好位も残れるが、それでも
差し馬が決め手だけで上回ることが多くなっている(外回りは特に)。
これは揺らぐ…。

"強い"と思っている方を選ばなかったとしても、"合う"と思っている方を選ば
なかったとしても、後悔するパターン。選べない。完全な袋小路。
⇒結局そんな時は、意思決定の強い味方、オッズに頼ってしまう。


◎ステルヴィオ
前走は、外差しの方が有利な条件だったことは確かだが、直線に入ったところ
まで馬群の中に閉じ込められていた格好で、ラスト2Fだけで(最後も10秒台で
まとめて)浮上した内容。
前々走でも、高い持久力をしっかりと示しているし、この舞台の王道、一定の
持久力&決め手という考え方をすれば、自然と浮かび上がる存在。
血統的にも今週の傾向にはまるロードカナロア産駒。相手はとてつもなく強い
だろうが、切れという1点で考えれば、データ上はこちらに分があり、交わす
イメージが湧かないこともない。
結局は2頭の競馬というのが結論。単に妙味のある方を上に取るというだけ。

○ダノンプレミアム
前走は、前半~道中がかなり厳しい展開で、馬場も外差しが有利な状況。
その中でこの馬は、好位のインから進めて、直線一旦はしっかり抜ける格好で
押し切った相当に強い内容。
新馬戦でも、道中を極端に高い水準で進めつつ→直線もブレずに、しっかりと
まとめる形で押し通し、これもまた超のつくハイパフォーマンス。
ただ阪神JFの回顧で触れたように、この舞台でしっかりとした決め手を発揮
するには前半で脚を使わないことが重要。そして相手はロードカナロア産駒。
位置取り&血統面で2重苦の立場。覆したら(改めて)怪物ということで。

▲ダノンスマッシュ
前走は、ミドルペースから→最後余力を残しつつの突き抜け。決め手を発揮。
同じ1400mということで言えば、京王杯2歳Sなら後ろを数馬身離した計算に
なるし、単純パフォーマンスではこちらが普通に上。
データ的な裏付けとしてはそこそこ…といったくらいだが、これまで、2走前
&3走前も含め、常に見所のある内容を示していて、この手のタイプの地力は
経験上一定の信頼が置ける。
今週好調のロードカナロア産駒という点も、当然後押しにはなる。

注ダブルシャープ
前走は、基本外差し有利の馬場&展開。それを好位インから押し切りの勝ち
馬には完敗と言っていいが、この馬もある程度好位から進め(掛かり気味でも
あった)→直線は内を選択した内容で、楽ではない立場だった。
それでも最後まで崩れておらず、地力はしっかりと示した格好。
持続力の方に寄ったタイプで、決め手という点では分が悪いだろうし、ここで
そこそこの着→シンザン記念で巻き返し…というパターンかも知れないが、
実力的にやはり上位には扱っておきたい存在。

△タワーオブロンドン
前走では、それまでのレースとは一線を画すような決め手を発揮して、一応
適性の幅を示した扱い。
ただし、スパッと切れたというよりも、他が最後落とす中で持続させた印象
にはなるし、重厚感があり&細かく刻むタイプ的にも、マイルの(特にこの
舞台の)性能勝負にピッタリとはどうしても思えない。
今回内枠を引いて、中団のインでじっくりという形から、ルメールJらしく
直線勝負…という騎乗ならやはり怖さはあるが、ここは相手の1頭まで。

☆ヒシコスマー
前走は、前傾のフラットな展開の中で、最後方から、勝負所~直線で悠々と
浮上しての差し切り。
はっきり持続型で、ここでの出番は特にないだろうが、このフットワークを
見ると、もっと体力がついた時に化けるかも…と思わせる。
(同じ万両賞で言うとモーリスを少し思い起こさせる←それはたぶん勘違い)
本来はスルーでいいのだが、それでも名前だけは挙げておきたい。

☆カシアス
基本的に持続力という方向性の馬だが、前走の切れ勝負でも一応しっかりと
好走していて、溜めても味のあるところを示した。
もちろんそれだけだと、ここではシンプルにスケール負けする可能性だが大
だし、しっかりとした評価には結局できないが、今後に向けて一応注目だけは
しておきたい存在。朝日杯@中山ならばもっと面白かったのかも。

☆ケイティクレバー
前走は、一応水準の高い展開で逃げ粘った格好で、持久力を示した。
ただ、何故こっちに来た?感。
決め手と言えるようなものを示していないし、マイルのスピードという点でも
対応出来るかどうか?という雰囲気なので、地力でそこそこ粘る…くらいは
あってもいいかも知れないが、普通に交わされる可能性の方がやはり高そう。

☆ファストアプローチ
未勝利戦&札幌2歳Sで、一応高いパフォーマンスを示していて、地力では
ここでも上位に扱っていいはず。
それでもかなり不器用なイメージの馬で、馬体的にもパワーの方に寄っている
ため、トップスピードには問題がありそうだし、この馬も何故こちらを選択
したのか?が分からない。切れ負けするはず。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事