2017年12月20日水曜日

朝日杯FS回顧(ラップ分析)2017



レース総括
■道中高い水準から→勝負所でしっかりと加速する展開
■持久力&切れが問われた


朝日杯FS結果


ダノンプレミアム1.33.3 33.6 03-04
ステルヴィオ1.33.9 33.8 12-10
タワーオブロンドン1.33.9 34.0 07-07
ケイアイノーテック1.33.9 33.8 10-10
ダノンスマッシュ1.34.0 33.8 13-13
ファストアプローチ1.34.0 34.5 02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:46.1 3F:34.0
前半4F:47.2
12.6-10.8-11.8-12.0-12.1-11.3-11.0-11.7




レースラップ分析&雑感


ラップタイムを見ると、(馬場を考えれば)前半はミドルペースくらいで、
道中は例年と比べればかなり高い水準になり、そこからしっかりと加速して
→上がりの速い形。

今回の特徴は、やはり道中の速さ。前半は比較的落ち着いた入り方をした格好
だが(2F目の10秒台は逃げ馬が単独で記録しただけ)、道中が昨年&一昨年の
ようにしっかりとは溜められなかったため、中身の足りていない馬が持久力で
振り落とされたことは間違いない。

その後レースは、このコースらしく、メリハリ良く大きく加速する形になり、
適性的には当然切れが問われた。

脚質的には、一応差し馬の好走率の方が高いものの、今回は位置取りよりも
とにかくまずは実力&適性というイメージなので、単純に差し馬の方が切れの
ある馬が多いために⇒この結果…というだけに感じる。

この先に向けては、今回は高いレベルの総合力勝負なので、圧勝の勝ち馬は
当然だが、他の上位陣も一定の地力は認められて、普通に期待は出来そう。
また、この形は距離延長にも十分つながって良さそうなイメージなので、来年
とりあえずダービーまで、しっかりと注目していきたい感覚。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ダノンプレミアム
前走が34秒台半ば、今回は35秒台半ばで入った格好なので、少し落ち着いた
競馬にはなったのだが、その分上がりでこれまでとは1枚違う水準の決め手を
発揮した内容。
前走のような厳しい展開を押し通す地力があり、尚且つ溜めればその分だけ
速い上がりが使える…となれば、これは穴が無くなった感もある。
それでいて馬体を見れば、まだ緩いくらいのイメージがあり、この先完成した
時にどこまで行くのか?という感覚になるし、当然楽しみでもある。
あとは、ゆったりとした走りをするタイプ的に、中山の小回りを上手くこな
せるかどうか?といったところで、とりあえず弥生賞あたりでしっかりと予行
演習をして欲しい。大注目。

ステルヴィオ
中団後ろから、外を回す格好での浮上だが、勝負所~直線では周りとやり合う
形で、かなり窮屈な競馬を強いられた。
(前走と同じような負けだが、あまり馬格がないことも原因ではありそう)
もちろんそれを除いても勝ち馬には決定的な差をつけられた訳なので、そこは
どうしようもないが、フラットに近い馬場で、基本的に内寄りを回って来た
馬が上位を占めた中で→外からの浮上は評価できるし、他には十分威張れる。
(単純にダノンプレミアムさえいなければ、結構強い勝ち方っぽい)
生まれた時代は悪いが、今後鬼の居ぬ間に重賞を勝つ可能性は当然あるはず。

ファストアプローチ
番手から、上がりでもこの馬なりにしっかりとした脚は見せたものの→結局は
決め手負け…という内容。
とりあえず、ある程度高い水準の展開になったことは大きいが、それでも勝ち
馬がいなければ、一応の見せ場は作っているし、やはり地力はある馬。
タイプ的に、この先も持続型の展開でこそ…だろうが、それなりにパワーが
問われる条件ならば皐月賞で、距離が大丈夫なら菊花賞で、何かしらの爪跡を
残す可能性も(現時点では)ありそうには思える。注目はしていきたい。


スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。