2017年12月9日土曜日

阪神JF展望(予想)2017



予想

土曜の競馬では、比較的好位の馬が残っていたが、基本的にはペースが落ち
着いたレースが多かった。
そして今回のメンバーを見ると、前につけたいような馬が揃っている印象が
あって、土曜のイメージのままで組み立てると危険な予感はする。

⇒とりあえず、ペースは流れる想定。
前半~道中(特に前者)が厳しい展開に対応出来ることをまずは重視して、
それを前提に、しっかりとした決め脚を使えるタイプを選びたい。

今回の場合、全体としてこれまでに示しているパフォーマンスは、例年より
少し低め。想像以上に混戦…。


◎ラッキーライラック
新馬戦では、しっかりとした決め手を発揮して、前走では、前半~道中で一応
脚を使いつつ→上がりをまとめた格好での勝利。
ここのリズムへの対応に問題がなくて、尚且つ速い上がりも示している点で、
適性面では最も信頼しやすいイメージ。
スケールの部分では相手に譲る印象だが、こちらの方がマイラーという馬体。
締まった展開想定で、スピードに殺される心配が少ないこちらを選択。

○ロックディスタウン
新馬戦では究極的な決め手を発揮して、前走では負荷が掛かる馬場で一定の
持久力を示して勝利。
スラリとしたイメージで、少し細かく刻む走法など、ステイゴールドっぽさを
引き継いでいる印象で、直長コースの総合力勝負はベストという気はしない
のだが、単純にこのメンバーでは上位の格。
結果的に2番手評価にはしたが、実力で覆す可能性はやはりありそう。

▲ノーブルアース
単純に新馬戦のパフォーマンスは高い。道悪ではあったが、今回の出走馬が
マイルで示しているものの中ではナンバーワン争いになる。
前走は、道中悪いリズムで進めた格好での→完全な直線勝負という展開で、
直線もそれなりに脚を伸ばしつつ→最後がフワッとしただけ。
今回、しっかりと引っ張られる展開になり、少しでも控える競馬をすれば、
はまる可能性はあってもいいはず。

注リリーノーブル
新馬戦は、道中ある程度水準の高い展開の中で、しっかりと突き抜けた内容。
前走も、好位から内を突いた形だが、最後まで余力を残しての勝利で、一定の
地力を示しつつも、まだ底を見せていない扱い。
決め手の部分では、(ある程度好位につけていることもあるが)実際のところ
ここの水準に僅かに届いていないので、勝ち切るというよりも上位の一角。

△トーセンアンバー
札幌の未勝利戦は、道中で極端に脚を使う形での勝利。それ以外のレースでは
常に一定以上の上がりを示していて、それらの合わせ技で考えれば、ここでも
十分上位扱いにはできそう。
馬体&走法的には、前走の1400mは忙しそうだし、今回距離延長して、尚且つ
引っ張られる展開になって前進を示す可能性はありそう。注目はしたい。

△コーディエライト
未勝利戦では高い地力を示して、2走前はしっかりとした決め手を発揮。
前走に関しても、前が早い段階で脚を使い切るような形になって→差しが浮上
したレースで、2着にはしっかり粘っているのだから、むしろ強い内容。
今回も積極的な競馬にはなるだろうし、位置取り的な厳しさはやはりあるが、
この馬に関しては粘る可能性もあって良さそうに思える。

△ソシアルクラブ
新馬戦は、直線届きそうもないところから、ラスト1Fを10秒台半ばくらいで
伸び切っての勝利。
ペースが緩くて、地力の裏付けがない…という、毎年いるような困った存在
だが、馬体は確かにいいし、可能性はやはりあって良さそう。
評価としては結局ここまでだが、勝ち負けまで一応考えたい。

△マウレア
デビュー2戦は、上がり勝負をしっかりと勝ち切って、性能を発揮。
地力の裏付けはないが、一応推進力は感じる走りで、ここでパフォーマンス
更新ということは十分あり得る。
もちろんその確信は持てないし、評価としてはこれ以上は難しいが、やはり
注目はしておきたい存在。

☆サヤカチャン
前走は、低くない水準での逃げで、勝ち馬以外は完封。一定の地力を示した。
ただし、ここではその時よりも前半だけで1秒近く速い入り方をする可能性が
あり、立場としては厳しくはなるはず。
走法などから、(一応もう結果は出しているが)距離延長しても良さそうな
イメージで、その点でもスピードに寄り過ぎるのは微妙かも…。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。