2018年3月2日金曜日

チューリップ賞展望(ラップ傾向&予想)2018



過去のラップタイム


2017 12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9
2016 12.2-11.0-11.4-12.2-12.1-11.2-11.1-11.6
2015 12.5-11.2-12.2-12.6-12.9-12.2-11.5-12.6
2014 12.4-11.0-11.9-12.0-12.1-11.5-11.4-12.0
2013 12.6-11.3-12.0-12.1-12.2-11.8-10.7-12.2
2012 12.7-10.9-12.1-12.3-12.2-12.2-11.3-11.8
2011 12.5-11.3-11.7-12.2-12.4-11.7-11.1-11.6
2010 12.7-11.0-12.3-12.3-12.5-11.9-11.3-12.1
2009 12.5-11.1-12.4-12.6-12.7-12.2-11.1-11.9
2008 12.6-11.2-12.3-12.6-12.6-12.0-10.7-11.8

過去10年の平均ラップタイム
12.51-11.07-11.94-12.31-12.39-11.81-11.15-11.95
1.35.13




ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去の平均ラップタイムを見てみると、前半はミドルペースくらいの流れで、
道中は基本的にしっかりと緩み、勝負所で一気に加速しつつ上がりが速くなる。

とにかくこのレースは、前哨戦らしく、落ち着いた流れからの決め手勝負という
展開が恒例になっていて、当然のように、勝負所の加速で遅れをとらないことと
そこからゴールまでしっかり伸び切れることが重要になる。

脚質的には、ゆったりした展開だけに先行馬が残るパターンも当然あるが、勝ち
切れるかどうか…を考えると、やはり(一般的に)上がりの性能に優れた差し馬
優勢…というイメージ。


好走する条件
・切れ&末脚(トップスピード)の持続力を持っていること




予想

過去の出走馬を考えれば当然だが、めでたくG2に。
名が実に追いついた方向なので、特に変わりはしないが…。

◎ラッキーライラック
阪神JFは、例年のレベルと比べてどうか?というのはあるのだが、それでも
この相手で単純なパフォーマンス比較をすれば、やはり上位。
そして、前哨戦では特に重要な"性能"という点を考えると、新馬戦の内容は
断トツの扱いになる。
桜花賞基準で言うと、今回水準をしっかりと更新することが絶対条件だが、
その可能性も十分にあるはず。

○レッドランディーニ
前走は、道中で極端に脚を使いつつ→しっかりと浮上していて、地力は確か。
データ的に、性能という点はハッキリ示していないのだが、ここ2走はパワー
馬場だったし、未勝利勝ちで見せた一瞬の脚を考えたら、その機会に恵まれ
なかった…という方が正しそう。
京都⇔阪神の逆転現象が起きている現在。真の姿を見せるのはここなのでは。

▲マウレア
前走は、道中が極端に厳しい展開になり、この馬の適性から言えば真逆。
その中で、積極策から崩れなかったことだけでも十分評価に値する。
当然、決め手が重要になるこの舞台では、本来の力を発揮しやすいだろうし、
ここは普通に巻き返すものとして扱いたい。
タイプ的に、この乗り替わりもプラスに働きそうなイメージ。

注リリーノーブル
阪神JFは、上位の中では前半で最も脚を使う形での2着。地力を示した。
当然ここも普通に好走はしてくるだろうが、タイプ的に、上がりで突き抜ける
ような馬ではないため、前哨戦ではもしかしたら少し苦労する可能性もある。
なんだかんだ馬券圏内には残る気はするが、一発の可能性まで考えた場合に、
今回は他の馬に注目してみたい。

△スカーレットカラー
前走は、前半かなり落ち着いた流れだが、後半長い脚が問われる展開の中で、
高いパフォーマンスを発揮しての2着。地力はある。
ただし基本的には持続力勝負でこそ…というタイプで、この舞台に対しては
"切れ"という部分でハッキリと不安があり、前哨戦向きとは言えない。
そこそこの着に浮上してくる可能性は当然あるが、あくまで相手候補の1頭。

☆ウインラナキラ
この手の性能を問うレースに対しては、負けた方の未勝利戦は秀逸で、裏付け
としてはなかなか。
正直その内容を示せるのなら、前走でもう少し頑張って欲しい感覚にはなるの
だが、かなり小柄なタイプ。パワー馬場という敗因は挙げられる。
仮にここがダメでも、距離延長した時に、何かしそうな予感はある。

☆サラキア
新馬戦は、やや立ち遅れつつ、道中で押し上げて→直線も最後まで全く落と
さずに押し切った内容。中身の良さは感じさせた。
地力の裏付けという部分では、キャリアのある馬たちに敵うはずもないが、
2戦目の上積みがあれば、ここである程度出来る可能性はありそう。
とりあえずここで見極めたい。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事