2018年11月18日日曜日

マイルチャンピオンシップ展望(予想)2018



予想

もはや恒例、本命予定馬のいないマイルG1。
そして、果てしなく候補多い。(ピックアップした馬以外にも、ポジティブな
意味で☆くらいには扱える馬が多数存在するが、キリがないので…)

上位に評価した馬の中では、組み立て次第ではどこからでも入れそうなのだが、
パワー系馬場への適性、持続力、持久力などの点を、とにかく厳しく問いたい。

◎モズアスコット
安田記念は、ビッシリと締まった展開の中で、途中少し挟まれる格好になって
ポジションを下げつつも→最後しっかり伸びての差し切り。
時計水準は違うにしても、方向性としては、本来の安田記念よりもマイルCS
寄りと言えるし、当然これは大きな裏付け。
また同舞台・マイラーズCでも、前半速い展開を、ある程度好位&早め先頭から
粘り込む強い内容を見せているし、その時負けた相手も今回はいない。
持続型の展開の中での強引なまでの強さ。パワー系。素直に推しておきたい。

○アルアイン
まず単純に、ここではシンプルに"格"で威張れていい存在。
そしてパワー系。今の京都なら普通に前進出来ても良さそうだし、マイルG1に
出てきた皐月賞馬は、何はともあれ注目しなければいけない。
(切れを併せ持っている)本来のイメージとしては安田記念の方だが、過去にも
そんなことを言って走られた経験はいくらでもあるし、そもそも持続力という
部分でも、京都記念などで十分なものを示している馬。出来ていいはず。
1度は本命も考えたが、信頼度では相手の方にどうしても分があるので。

▲ペルシアンナイト
前走は、59kgという斤量を背負う立場&直線少し不利もあった中で、それでも
崩れることなく→なだれ込んで5着。
単純に斤量込みで考えれば、勝ち馬と十分肩を並べられるパフォーマンスだし、
パワーが問われそうなここは巻き返しが期待できる場面。
昨年は坂を下り切る所まではじっくり…という、メリハリがついて差しやすい
展開ではあったので、その時と比べて今回は詰めづらさはあるかも知れないが、
内枠を活かしてタイトに回す…などの工夫があれば、当然連覇も。

注アエロリット
安田記念は、前半多少受け流している部分もあるが、かなり締まった展開を、
好位からしっかりと粘り込んだ強い内容。
それを理由にモズアスコットを推すのであれば、当然この馬も高い評価になる。
持ち味は、フットワークの良さに由来するスピード持続力。
その点、クロフネ産駒だが、もっと速い馬場の方がいいのかも…というのは
あって、今の馬場では前進とはならないかも知れないが、地力でやはり好走は
普通にしてきそう。(イスラボニータ的なイメージに近いかも…)

△エアスピネル
2着した昨年のパフォーマンスを考えれば、当然上位に扱える。
しかし、上でも触れたが、その時は勝負所でギリギリまで待つ形。この馬は、
基本的にはメリハリがついた方がいい…というタイプなので、展開が向いた
部分もある…というのは否めないところ。
その点、本来適性的には安田記念の方がいいとは思うのだが、31秒台の決着に
なっては、今度はスピードの部分で不利になる。結局のところ、時代が悪い。
好走の可能性は当然あるが、勝ち切るまでのイメージにはあまりならない。

△ロジクライ
前走は、道中がかなり締まった展開を、番手から押し通した強い内容。
坂上でももう一脚を使えていたし、それまでの"惰性"というイメージとは違い、
しっかりと"持続"させたという雰囲気ではあった。
当然高い評価にはできるし、後半部分に関してはピッタリはまっても良さそう。
問題は、逃げ潰れたマイラーズCのように、前半からもっと脚を使った場合。
今回は前走よりも(実質的に)速い入り方をする可能性があるし、その点での
裏付けは微妙。4、5番手で受け流すという騎乗であれば…という条件付き。

△ステルヴィオ
前走は、ミドルペースで入りつつ、3~4コーナーが締まって→一気に脚を使い
切る…という展開で、外を回して押し上げると脚を使い過ぎる構造のレース。
結果的に内先行有利…という中で、この馬は唯一外からしっかり浮上していて、
当然高い評価にはなる。
ただしその内容的には、どちらかと言うと、距離延長の方に向かって欲しかった
印象ではあるので、ここは正直悩みどころ…。
終いを伸び切ることは出来るので、追走が問題なければ…という条件付き。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事