2018年11月21日水曜日

マイルチャンピオンシップ回顧(ラップ分析)2018


まとめ
  • 全体的に平均弱の流れから、上がり(直線)の速い展開。
  • 末脚の持続力(&切れ)が問われた。
  • 内寄りでじっくりと進めた馬が上位。

マイルCS結果

ステルヴィオ1.33.3 34.1 04-05
ペルシアンナイト1.33.3 33.9 07-07
アルアイン1.33.5 34.5 02-02
カツジ1.33.5 33.4 15-15
ミッキーグローリー1.33.5 33.4 15-15

天候:晴 芝:良
上り4F:46.2 3F:34.5
前半4F:47.1
12.4-11.1-11.5-12.1-11.7-11.6-11.2-11.7




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中も少し落ち着いた流れで、
勝負所ではギリギリまで溜めつつ→直線ある程度しっかり加速…という形。
適性的には、末の持続力(&切れ)というレース。

まず馬場に関しては、確かにこの週の内は良かった。元々は直線で外に意識が
向いていたが、徐々に内も伸びることに騎手たちが気がついていった雰囲気。
(以前にも触れたが、秋開催は少し緩い作りでスタートした?疑惑があるので、
徐々に踏み固められて…というのはあるのかも知れない)

もちろん、外も全く伸びない訳ではなくて、コース替わりで綺麗な外に対して
⇔硬い内という構図で、おそらくは左右フラットに近いくらいのイメージ。
⇒左右がフラットならば、当然、ロスなく内を進めた方がいい算段になる。

実際に今回は、内枠3頭という極端な結果。最終的に外に出した4&5着の兄弟
にしても、カツジはコーナーで内に潜り込んだ形だし、ミッキーグローリーも
4コーナーで外を回すまでは極力距離ロスを抑えた内容だった。

したがって、トラックバイアスの影響があったレース。それは間違いない。
しかし一方で、それだけでもない…という気はする。

気になるのは、アエロリットを筆頭に、道中or勝負所で少しでも動いた馬が
あまりにも止まり過ぎ(伸びなさ過ぎ)だし、そもそも当日500万クラスより
かなり緩い流れだったにも関わらず、全体として末があまりにも伸びていない
…といったところ。

その点を考えてたどり着くのも、結局は馬場。
土曜からハービンジャー産駒などが目立っていたし、パワーが問われ、周って
来るだけで負荷が掛かる状況。やはりこれが大きく影響したのでは。

ただでさえ消耗しやすい中で、(極端に)速い脚は使いづらく、末が伸びない。
そして、掛かったり攻めたりした馬には、余計に大きな負荷が掛かって→失速。
その結果、動かなかった者勝ちに。

内を回す…ということは、言い換えれば、じっとしている(可能性が高い)
…ということだし、外の馬と比べて無理に動くことがなく、相対的に消耗して
いなかった意味で、内の馬により向いたイメージ。

とにかく、今回の場合は、やや他力本願的な要素を含んでいる…という点で、
普段"内有利"と言う場合のポジティブな印象とは、少し違っている感覚。
(別にネガティブでもないが。言葉が見つからない)

上位は(馬場への適性はもちろんだが)やはり力があってこそだし、この先の
活躍にも期待していいとは思うが、それぞれに2重、3重にも有利⇔不利な点が
重なった印象から、大敗した馬にしても、次走以降であっさり巻き返す可能性は
考えておきたいところ。


…とにかく咀嚼しづらいレース。こんなのが続いたらたまらない。
是非ともジャパンCは、スパッと、明解なレースにして頂きたい。
しかし京阪杯あたりは、今年もまたカオスかも…。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事