2019年1月8日火曜日

2019年1月5・6日 中山ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※中山金杯の簡単な回顧あり
土曜2R アンジェリーブル
土曜5R ヒシゲッコウ他
土曜10R ナックビーナス
土曜12R イレイション他
日曜10R ヴァッシュモン
日曜12R ショワドゥロワ

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R

アンジェリーブル
逃げてかなり厳しい展開を演出しつつ→完勝。地力。

3R


4R


5R

水準の高い流れから→後半は完全にフラットな展開。高い持久力&持続力が
問われた。
ヒシゲッコウを筆頭に、上位の地力はしっかり認めたいところ。

6R


7R


8R


9R


10R

ナックビーナス
牝馬で58kg。それでもしっかりと好走。さすがの格。
全体としての水準も高い。

11R



前半まずまずの入り方。道中も、多少の緩急は付きつつも水準は低くなくて、
上がりはラスト4Fからの戦い。持久力&持続力が問われた。
軽斤量のタニノフランケル以外で掲示板に載ったのは、全てG2以上のレース
での勝利がある馬。この舞台&展開への適性も当然重要だが、格のある馬が
シンプルに力を示した…というイメージ。

ウインブライト
58kgでも関係なく、この手のレースへの適性を改めて示した格好。
当然次は中山記念になるだろうし、(もちろん相手次第ではあるが)昨年に
引き続き、可能性は十分。しっかり注目はしたい。

ステイフーリッシュ
動いた区間は、まだペースが上がり切る前の絶好のタイミング。
それでもレース自体の水準が低くない中で、他よりも早い段階で脚を使いつつ
→(最後持ち前の惰性を効かして)しっかり粘り込んだ内容は評価できる。
切れ勝負ではなかなか結果を残せなかった中で、この2戦の持続力勝負では
十分な力を見せた格好。当然その方向のレースでは、この先も期待できるはず。

12R

向こう正面で逃げ馬が飛ばしたことで、(特に)道中がかなり締まった展開。
それに引っ張られる形で、全体としての水準も高くなり、イレイションを筆頭に
上位の地力には一定の信頼は置けそう。


日曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R

前半~道中が速く、上がりも止まり切らない展開。高い持続力が問われた。
ヴァッシュモンのように、後ろ過ぎないポジションから→上がりをまとめた
馬は、しっかりと評価しておきたい。
とりあえず、(L)競争の価値はあった。

11R


12R

ショワドゥロワ
道中まずまず高い水準から→後半は長い脚が問われる展開。
完全なる差し決着の中で、好位早め先頭からの粘り込み。地力。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事