2019年1月15日火曜日

2019年1月12~14日 中山ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※フェアリーS、京成杯の簡単な回顧あり
日曜5R ダノンチャンス
日曜9R デアフルーグ
日曜11R ドーヴァー、ミュゼエイリアン、ハーレムライン
月曜5R ミモザイエロー
月曜11R ランフォザローゼス

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R


11R



前半~道中がかなり落ち着いた展開で、勝負所~直線で大きく加速する形。
切れが問われた。
位置取り的には、前後どちらも…だが、上がりにしっかり寄った分、差し馬の
性能が少しだけ上回ったイメージ。
適性面の評価はもちろんしつつ、次戦以降に向けては、地力の部分での他の
レースによる裏付けは欲しいところ。

12R




日曜


1R


2R


3R


4R


5R

ダノンチャンス
超ハイペース。(全体的に時計掛かる馬場を考えれば尚更)
併せ馬の形で引っ張りつつ→粘り込み。最後は完全に脚上がってるが、地力。

6R


7R


8R


9R

デアフルーグ
前半~道中が速い展開。位置取り的には恵まれたし、(3~4角のラップが
落ちて)捲りやすい形ではあったが、押し上げつつ→直線押し通しての圧勝。
全体としての水準もかなり高い。前進。

10R


11R

前半~道中極端に締まる。全体としての水準も高いレース。
しっかり抜けたドーヴァーの実力は当然認めつつ、積極的な競馬をして粘り
込んだミュゼエイリアンハーレムラインの巻き返し(前進)にも注目したい。

12R




月曜


1R


2R


3R


4R


5R

前半~道中がかなり速い展開。全体としての水準も高い。
ミモザイエローを筆頭に、上位の地力は信頼していいはず。

6R


7R


8R


9R


10R


11R



前半は、なかなかスピードが落ちない形でまずまず。しかし向こう正面は一旦
しっかり緩んだ。その後3コーナー辺りで一気にペースアップしつつ、後半は
長い脚を使う展開。一定の持久力&末の持続力が問われた。

道中緩んだ区間で息を入れられた好位と、他よりも仕掛けをワンテンポ遅らせた
後方の馬に向いた印象で、中途半端なポジションの(特に3~4コーナーで外を
回したような)馬には少し厳しかったはず。(脚を使い過ぎるパターン)

ラストドラフト
番手から進め、一旦は息を入れられたし、3~4コーナーでは相手よりも1頭分
内を回した…という部分もあるが、とりあえず、(新馬戦とは雲泥の差とも言える)
ここの水準にも難なく対応して、一定の地力は示した格好。
この手の性質(一応持続型)のレースへの適性はありそうだし、可能性としては
当然、先へのつながりは考えておきたいところ。

ランフォザローゼス
好位から、後半は仕掛けた相手に対抗する形で、3~4コーナーは外をビッシリと
回した内容で、負けはしたものの、最後踏ん張り通した強い競馬。
とりあえず、勝ち馬との比較では、半周分(しかも速い区間で)キッチリ距離損
した格好で、勝負付けは済んでないと考えていいはずだし、これは更なる前進に
期待したくなる。当然注目しておきたい存在。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事