2019年5月25日土曜日

日本ダービー展望(予想)2019



予想

例えば昨年のデータを今見返すと、皐月賞組と他路線組の間に、パフォーマンス
的な差はあまりない。(そもそもの話、それがおかしい…というのはさておき)
しかし今年の場合、その差がクラス(1.5~)2つ分くらい普通に開いている。
何はともあれ、そこの上位3頭ということになる。

◎サートゥルナーリア
まず皐月賞に関しては、例年と比べると"切れ"要素が少し強くなった印象だし、
全体のリズムとしても、ダービーに十分つながって良さそうな展開だった。
レベル的にも他の路線とは差があり、その中で、ぶっつけで勝ち切って→今回
最も上積みがありそう…というところで、やはりこの馬とはなる。
純粋な"切れ"という部分では、ダノンキングリーには負けるかも知れないが、
その分3頭の中では最も馬格があり、今回リオンリオンが厳しい展開を作って
→最後が粘り勝負になれば、惰性の部分で上回れるはず。
またヴェロックスに対しては、粘りという部分では甲乙つけがたい印象だが、
上がりでもう1段上げる…という部分では、おそらく上回れる。
要は適性面で最も穴が少なく、極端な展開になることが勝ち切る条件…という
印象の2頭よりも、単純に確率が高そう。素直に期待。

○ヴェロックス
ゆったりとした走りをする馬で、純粋な持久力を活かすという意味では、距離
延長&広いコースに替わることはプラス。
ただし適性的な部分に関して、ある程度データが出揃ってきて1つ言えるのは、
ジャスタウェイ産駒はやや持続的な要素が強い…ということ。もちろん個体差は
あるし、この馬自身は高い性能をしっかりと示しているので、普通に勝ち負けは
すると思うが、高いレベルでもう1段上げる…という部分では、上位の中では
1つ分が悪くなるのかも。その点、仮に3強が3冠を分け合うようなことになる
としたら、この馬は菊花賞…という気がしないでもない。
ダノンキングリーとの兼ね合いだが、展開が締まる前提で、安定の2着想定。

▲ダノンキングリー
3頭の中で"切れ"という部分ではこの馬の印象だし、3冠を分け合うパターンで
言えば、この馬がダービー…かも知れない。
実際に、内に潜ってロスなく→直線も内を掬って押し通す…的な競馬であれば、
勝ち切るイメージも描ける。
しかし今回の問題は、リオンリオンが展開を締め付ける可能性があること。
この馬自身、厳しい展開への対応は見せているのだが、最後"惰性力"が問われる
ような戦いになった場合、馬格のないこの馬が最も損をするのかも。
(ディープ産駒なのである程度はこなすだろうが)
⇒頭もあるが、1つ崩れる要素もある…という部分で、この配置。

注(☆)タガノディアマンテ
皐月賞では、中団前寄りにいた馬が上位を占めた中で、この馬は後方から捲る
ような形での6着。内容的には全く悪くないし、そのパフォーマンスは、あと
コンマ3~4秒縮めていたらマカヒキやレイデオロと同じ水準に扱える。
前走・京都新聞杯は、道中が締まりつつ→仕掛けも早い展開の中で、いきなりの
積極策をして、完全に裏目を引いて5着に負けただけだし、その割りには今回、
あまりにも人気を落とし過ぎ…の印象。当然、巻き返しに期待してみたくなる。

☆クラージュゲリエ
とりあえず、ダノンキングリーとの比較で言えば、共同通信杯では圧倒的な切れ
負けを喫しつつも、一応前半引っ張られる形の皐月賞では差が詰まった。
もちろん差が詰まってもコンマ6秒差。それを覆すのはさすがに難しそうだが、
方向性として、より体力勝負の側面が強くなれば、自身のパフォーマンス自体は
ここで前進を示す可能性はあっても良さそう。
とりあえず掲示板圏内を争う候補としては、やはりピックアップしておきたい。

☆ランフォザローゼス
前走・青葉賞は、少し間隔が空いた状態ながら、厳しい展開に対応しつつ、最後
しっかりと詰めての僅差の2着。その地力は当然認められる。
そのレースもそうだが、ラスト1Fの強さは何度も見せている馬で、それを活かす
…という意味では、実際にリオンリオンの展開を経験していることは大きいし、
今回もある程度自信を持ってついて行くことが出来るはず。
皐月賞上位がどこで動いて来るか?が問題だが、アドバンテージが取れれば。

☆リオンリオン
青葉賞は、道中をかなり締め付けつけて→粘り込んだ強い内容。持久力は確か。
性能面(切れ)では、皐月賞上位馬に対してはさすがに分が悪くなりそうだし、
その点鞍上がどのような競馬をするか?が鍵だが、息子Jなので、他の騎手間で
乗り替わるパターンと比べれば、馬の個性などを伝える部分での出し惜しみは
ないはず(横山典Jでも…たぶん)。だとすれば持ち味を活かせてもいいはず。
あとは単純に、それを何頭が上回って来るか?の問題。結構いるかも…だが。

☆ロジャーバローズ
前走は、厳しい展開を逃げ粘った強い内容。馬体的にも、距離延長はあり。
一角を崩すという意味では、距離ロスして、尚且つ…というのはさすがに現実的
とは思えないし、だとしたら、最内枠の利は大きいはず。
まぁ、それでもそこまでは…という気持ちの方が正直強いが、リオンリオンが
飛ばす中で、離れた単独2番手。上位が牽制し合って、実質上がり勝負…とか、
色々なことが、とてつもなくいい方向に転がるのなら。

☆ヴィント
未勝利を勝ち上がるのに時間は掛かったが、近走は基本的にレベルの高いレース
ばかり。前走に至っては、指数的に、今回↑で挙げた馬以外はほとんど持って
いない数字になっていて、ここでも十分上位の方の扱いにはできる。
その2枚上を行っている馬たちが勝ち負けを演じる訳なので、だから何なんだ?
ということに結局はなってしまうのだが、一応ピックアップはしておきたい。
ルメールJキラー感のある竹之下J。相手がいないのは誤算。(→いたら事件)





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事