2019年5月8日水曜日

NHKマイルカップ回顧(ラップ分析)2019


まとめ
  • 前半速く、道中で一旦溜めつつ→上がりでしっかりと加速する展開。
  • 一定の持久力&切れが問われた。
  • 差し有利。

NHKマイルC結果

アドマイヤマーズ1.32.4 33.9 06-07
ケイデンスコール1.32.5 33.6 12-14
カテドラル1.32.5 33.7 12-11
ダノンチェイサー1.32.7 34.2 06-07
(4→)5グランアレグリア1.32.7 34.3 04-06

天候:晴 芝:良
上り4F:46.6 3F:34.6
前半4F:45.8
12.0-10.4-11.5-11.9-12.0-11.3-11.3-12.0




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、その分道中は一旦落ち着いた
展開。そこからラスト3Fで大きく加速する形。

今回の特徴は、まずは(最初の2Fだけで言えば過去最速になった)前半の速さ。
そこで引っ張られたことで、やはり一定の持久力は問われたはず。
また後半に関しては、3~4コーナーで溜めつつ→直線でしっかりとした加速を
示していて、適性的には当然切れが必要になった。

脚質的な部分で言うと、この手の(前半速く→溜め→切れという)展開では、
前が脚を使っている分満足な決め手を発揮できず、差し馬が有利になる。

内が荒れていて、外寄り優勢な馬場だったことも含めて(その点、個人的には
穿った見方をして完全に裏目を引いたが…)、2、3着馬のようなシンプルな
切れタイプが浮上しやすい形だった…というのは間違いなさそう。

この先に向けては、上位の実力はある程度は認めていいだろうし、当然それらの
活躍には期待したいが、その一方で、好位(&内)から進めて厳しくなった馬の
巻き返しにも注目はしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アドマイヤマーズ
スタート微妙で直後少し促しつつも、速い2F目はピタリと止めて、厳しい区間を
しっかり受け流した格好。そこからペースが落ち着いてから(無理はさせずに)
少し押し上げて→直線しっかりと浮上しての勝利。ペース判断や、動き出しの
タイミングなど、今回は鞍上の勝利という部分もありそう。
馬自身に関しては、コース取り&展開的には恵まれた方だが、ダイワメジャー
産駒がこの競馬で勝ち切る…というのは、それだけで十分非凡。
この先、父が覚醒後に→切れ勝負にも対応する過程を辿ったのとはむしろ逆で、
ダイワメジャーらしい、より厳しい(締まった)展開への耐性を見せられれば、
この路線の王者になる可能性も当然ありそう。しっかり注目していきたい。

グランアレグリア
スタートが微妙で→直後に少し促す…という同じ状況だったアドマイヤマーズ
との対比でレース映像を見ると、相手が1F進めた所で止めたのに対して、この
馬はその後もしばらく押し上げ。10.4秒というかなり厳しい区間で脚を使って
しまった格好。⇒その結果、上がりは伸びあぐねた…という負け方。
馬自身も、これまで経験していなかった部分が出てしまった印象ではあるが、
鞍上も(直線の件はともかく)、今回はデムーロJに軍配…という雰囲気。
当然これは、鍛錬を積んでから…ということになるが、他の馬が努力だけでは
どうにも出来ない部分で、大きな武器を持っている馬。長い目で期待。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事