2020年1月23日木曜日

京成杯回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • やや落ち着いた入り方から、道中~上がりが締まった展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

京成杯結果

クリスタルブラック2.02.1 35.4 08-11-10-10
スカイグルーヴ2.02.2 36.2 02-02-02-01
ディアスティマ2.02.6 36.4 04-04-04-04
ビターエンダー2.02.6 36.2 08-08-07-07
キングオブドラゴン2.02.8 36.6 04-04-04-04

天候:晴 芝:稍重
上り4F:48.4 3F:36.2
前半1000m:61.5
12.6-11.4-13.0-12.0-12.5-12.2-12.2-11.8-11.8-12.6




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はややゆったりした入り方をしたものの、道中は
締まった展開になり、そこから上がりでもう1段加速→ラスト1Fは落ちる形。

今回の特徴は、やはり道中の速さ。
少し落ち着いた入り方はしたものの、(馬場を考えれば特に)追走部分は楽では
なく、勝負所まで余力を残すためには高い持久力が必要になった。

また勝負所でも、平均と比べて積極的な動き出しになっており、後半は持続力が
問われた格好。一言で言って、地力勝負。

とりあえず今回の場合、単純に上位の実力は信頼して良さそうだし、この先にも
十分につながっていきそうな雰囲気。しっかりと注目していきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

クリスタルブラック
後方から、勝負所もじっくりという形ではあったが、直線では1頭違うくらいの
脚を見せての差し切り。レースの見た目は前走と近いものがあるが、その水準は
2枚も3枚も違っていて、当然その地力は認められる。
前半などでは、まだ未完成なところが目立っていた中で、それでもしっかりと
勝ち切ったあたりは、なかなか大物感。結構末恐ろしさがある。
この先もしっかりと追いかけていきたい。

スカイグルーヴ
好位の外から進め、勝負所でも早めに先頭に立つ形からの→粘り込み。
内容を考えれば、当然これは評価していいはず。
とりあえず、地力の部分でもこれで一定の裏付けが取れたし、単純に、牝馬が
この体力勝負を正攻法で好走したことは凄い。
この先、脚質的な自在性をどこまで見せられるか?というのはあるが、距離的な
部分で威張れることは間違いない。当然しっかり注目していきたい存在。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事