2020年1月16日木曜日

シンザン記念回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • まずまずの水準の中での、溜め→切れという展開。
  • 一定の持久力&切れが問われた。

シンザン記念結果

サンクテュエール1.35.9 35.5 03-03
プリンスリターン1.35.9 35.6 02-02
コルテジア1.36.6 35.9 05-05
オーマイダーリン1.36.7 35.8 07-07
ヴァルナ1.36.8 36.6 01-01
タガノビューティー1.36.8 35.9 07-07

天候:曇 芝:良
上り4F:47.9 3F:35.7
前半4F:48.0
12.5-11.1-11.8-12.6-12.2-12.2-11.5-12.0




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、馬場を考えれば前半まずまずの流れから、道中は一旦
落ち着いて、勝負所はじっくり→直線でしっかりと加速する展開。

とにかくもう、一言で、京都金杯と同じ構造。
(当然、個人的には何をしているんだ…ということになる訳だが)

かなり掛かる馬場を考えれば、全体としての水準は低くなくて、一定の持久力は
問われたはずだが、前後半4Fでは一応後傾で、勝負所では大きな加速が入った。

例年よりも洋芝が深く、その中での切れ勝負…という部分でキビキビと脚を使う
必要があり、(その手のフットワークになりにくい)500kg前後の馬たちが全滅
して→450kg台4頭&470kg台1頭という、ほぼ馬体の軽い順の決着。
(もちろん外枠が全滅して⇔内枠が上位という側面もあるが。要は複合的)

その中で、33秒台の脚を使った経験のある2頭が最後離した格好ではあるので、
やはりその性能の部分は認めておきたいところだが、古馬のレースでもまともな
タイムはもう出ない特殊な状況。
この先にどこまでつながるのか?正直ちょっと分からない…。

さて今週末、とてつもなく馬体の軽い馬が出走してくるが、果たしてどうか。
(それなりに流れて→上がりが持続型になれば、変わってくるとは思うが…)


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サンクテュエール
走法が合っていたという部分もあるし、位置取り&コース取り的にピッタリの
競馬をした部分もあるが、前述のように(実質的な)水準は決して低くなく、
とりあえず、地力の(裏付けの)更新…という扱いにはしたいところ。
過去にここを勝ち切った牝馬の名前から、この先、過剰人気気味になる可能性も
ありそうだが、当然しっかりと注目はしておきたい。

プリンスリターン
積極的な競馬から→しっかりと上がりをまとめる内容で僅差の2着。
勝ち馬とはコース取りの差…というくらいだし、直線ではなかなかの踏ん張りを
見せていた。前走もそうだが、この馬のラストの強さ(粘り)は大きな武器。
(父ストロングリターン、祖父シンボリクリスエスもそういう馬ではある)
方向性として、NZTあたりへの出走があれば面白そうではあるし、東京でも、
今の(持続の方に寄った)NHKマイルCなら悪くはないのかも知れない。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事