2020年1月29日水曜日

アメリカジョッキークラブカップ回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 道中締まった展開からの→粘り勝負。
  • 持久力(&持続力)が問われた。

AJCC結果

ブラストワンピース2.15.0 36.1 04-04-05-03
ステイフーリッシュ2.15.2 36.5 02-02-03-02
ラストドラフト2.15.5 36.3 07-08-07-08
ミッキースワロー2.15.6 36.5 05-05-07-05
サトノクロニクル2.16.0 36.7 07-09-09-08

天候:曇 芝:稍重
上り4F:48.6 3F:36.7
前半1000m:62.4
12.8-12.0-12.9-12.3-12.4-12.0-12.0-11.9-12.1-12.1-12.5




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はゆったりとした流れで、その分道中は(特に2角
以降が)締まった展開。そこから上がりはしっかりと落ち込んだ形。

今回の特徴は、(少し掛かる馬場を考えれば特に)道中の速さ。
スタートは落ち着いた入り方をしたが、追走部分の厳しさ故に、やはり持久力
(&持続力)が問われた格好で、最後は粘り勝負に近いレースになった。

脚質的には、多少好位の馬に厳しい部分があったとは思うが、それよりも今回は
シンプルに地力(&適性)が反映されたイメージ。

もちろん不幸なアクシデントがあった中で、その影響を受けた馬も複数いた訳
なので、この先に向けては細かい上げ下げが必要になるだろうが、とりあえずの
結論としては、上位の実力を素直に信頼…ということにしたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ブラストワンピース
道中は控えた部分もあるが、ある程度流れに乗りつつ、正攻法の競馬での勝利。
斤量を背負う立場で、勝負所では不利があり、それでも最後は完璧な立ち回りを
した相手を力でねじ伏せた格好。川田Jの、”嗅覚”とも呼べそうな切り返しも
素晴らしかったが、やはり格上と言っていい内容だった。
この先に関しては、器用なタイプとはさすがに言えないし、阪神内回りは枠や
位置取りに左右されそうな雰囲気ではあるので、それならば、むしろドバイで
見てみたい気もするが…。
どちらにしても、当然しっかりと注目していきたい存在。

マイネルフロスト
大きなフットワーク。それを活かした持続力&惰性力。
その真骨頂と思えるのが、激しい展開を好位→早め先頭で2着した七夕賞。
ダービー3着&毎日杯勝利と記録も十分だが、個人的にとても記憶に残る馬。
お疲れ様と言いたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事