2022年5月29日日曜日

日本ダービー展望(予想)2022



予想


成否はともかく、予想の決断という部分では、今回はそれほど苦労することも
ないだろう…と高をくくっていたら、本命候補が大外枠…。世の中は厳しい。

他の有力な存在に関しても外寄りの枠に入っている馬が多くて、紛れる要素は
揃っている雰囲気だし、馬券的な観点からはプラス材料を積み上げた穴馬を狙う
…というのが本筋かも知れない。

しかし、ここはせっかくのダービー。感覚的にやはり推したい馬を推したい…
ということで、下手に足掻くことはせずに、初志貫徹ということでいきたい。


◎イクイノックス
皐月賞は、積極的な競馬をしつつ→直線もしっかりとした脚を使っての2着。
最後は少し続かなかったが、道中では押し上げる動きをして他の上位と比べても
脚を使っていた扱いだし、十分に評価はできる内容だった。
元々この馬が見せている、どこまでも伸びていきそうな推進力は、やはり坂上の
長い東京でこそ活きるイメージだし、パフォーマンス的な前進も見込めそう。
コース替わりした週の大外枠は当然気になるが、素直に期待してみたい。

○ダノンベルーガ
皐月賞は、上位の中では馬場の悪い所を通った格好ながら、崩れずにしっかりと
好走。溜めが入る展開だったので、地力の裏付けとしては完璧という訳ではない
ものの、パフォーマンス自体は更新してきたし、実力はやはり上位扱いになる。
それまでのレースで示している決め手からは、東京に戻っての適性的な前進も
見込めるタイプだし、走法の面からもやはり広いコースが合いそう。
可能性としては当然頭まで考えたい。

▲アスクビクターモア
皐月賞は、道中で一旦溜めを入れられる形での逃げ粘りだが、(後半は1つ持ち
出したものの)相対的にはやはり馬場の悪い所を通っていた扱い。
一定の実力は認められるし、前半である程度脚を使いつつ→変化をつけたリズム
という部分でも、この舞台もこなす可能性はありそう。
今回、有力馬の多くが外寄りの枠を引いている中で、自身は内枠。何かしらを
行かせて、少し離れた2~3番手でマイペースを刻めたら、面白そうではある。

注ジオグリフ
皐月賞は、ある程度流れに乗りつつ、正攻法の競馬をして、最後までしっかりと
続ける形での勝利。力を示した。
中山や札幌での強さからは、基本は持続寄りなのかも知れないが、変化にも十分
対応できていて、そのバランスの良さを考えれば、やはり格好はつけてきそう。
決め手勝負になった場合に乗り遅れるリスクはあるものの、そこはポジションに
よるアドバンテージが取れれば…といったところ。当然注目。

△ロードレゼル
青葉賞は、前半から脚を使いつつ、道中も(多少は溜めたものの)高い水準で
進める形から→しっかりと粘り込んでの2着。高い地力を示した。
その時の急→緩→急というリズムはダービーの好走パターンの1つではあるし、
ゆったりとした走法もこの舞台に合っているイメージ。
内枠なら…というところはあったので、評価としては強気には推しにくくなった
ものの、残る可能性は考えておきたい。

△プラダリア
青葉賞は、前からは離れたポジションではあったが、流れに引っ張られつつ、
自身も道中を高い水準で進める形から→しっかりと上がりをまとめての勝利。
その時のパフォーマンスで考えれば、ここでも普通に上位に扱える。
馬格がそこまであるタイプではなく、道中の効率面でどこまで?とはなるが、
その点では内寄りの枠を引けたことは大きなプラス。ロスなく→直線も内から
捌く競馬ができれば、可能性はあっても良さそう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。