2022年5月22日日曜日

オークス展望(予想)2022



予想


◎ベルクレスタ
桜花賞は、中団後ろからじっくりと進めつつ→直線しっかりと脚を伸ばしての
浮上。結果は7着までで、サークルオブライフなどと比べると目立たないが、
パフォーマンス的には十分。ここでも普通に上位に扱える。
走法的に距離延長は問題なさそうなイメージだし、東京ではアルテミスSで好位
から強い競馬もしていて、条件が替わるここで前進する可能性はあっていい。
これまで負けてきた相手との再戦なので、確実に分がいいという訳ではないが、
人気ほどの差はないし、妙味込みで、ここは推し切ってみたい。

○サークルオブライフ
桜花賞は、勝負所を急かさずじっくりと進めた…というのはあるが、枠的に不利
だった立場ながら、最後までジワジワと脚を伸ばしての4着。
改めてその実力を示した。
走法的には、距離延長がプラスに働くか?は微妙なところもあるが、体力勝負
自体は望むところだし、持ち前の終いを伸び切る能力には確かなものがあって、
今の時期の2400m戦ならば、何だかんだ浮上はしてきそう。
可能性としては、当然頭まで考えておきたい。

▲スターズオンアース
桜花賞は、コーナーではロスを抑えた内容ではあったが、微妙なスタートから
リカバリーの動きをしつつ&直線でも不利があった中で、きっちりと捕らえての
勝利。その力はやはり認めておきたい。
タイプ的に、ある程度大きな走りをして、終いの惰性も利くイメージがあり、
距離延長&東京の坂上にもハマって良さそうだし、今回もやはり力は発揮して
きそうな雰囲気。大外枠からどのような競馬をするのか?というのはあるが、
ポジショニングが上手くいけば、2冠の可能性も十分ありそう。当然注目。

注ルージュエヴァイユ
フローラSは、前半で少し溜め過ぎた格好&直線でも進路確保にかなり時間が
掛かった中で、最後に脚を伸ばしての浮上。結果は5着までだったが、内容を
考えれば仕方がないし、決め脚の部分では1つの裏付けにはなった。
前々走では、道中〜上がりで高いパフォーマンスを発揮していて、その水準も
昨年のユーバーレーベンのフラワーCに近いものになっているし、両レースの
合わせ技で考えれば、ここでも上位に扱える。
内枠からロスのない競馬をすれば、食い込んでくる可能性はあって良さそう。

△ナミュール
桜花賞は、中団後ろから、コーナーでは外から動いた格好で→その分直線では
伸び切れず…という負け方。1番人気という立場での競馬で、仕方のない部分が
あったし、内容的には、ここは巻き返しがあっても良さそうな場面とはなる。
馬格のないタイプなので、この舞台の体力勝負でどこまで耐えられるか?という
部分は少しあって、結局のところ評価はここまで…ということになったが、当然
注目はしておきたい存在。

△ウォーターナビレラ
桜花賞は、道中は溜めた格好だが、前半で脚を使いつつ→上がりをしっかりと
まとめての2着。改めて力を示した。
タイプ的に東京の決め脚勝負ではどこまで?となるが、(上げ切れないイメージ
ながら)一定のリズムで止まらない…という部分で、中身の良さは感じさせて、
距離延長自体はこなせてもいいのかも。実際には、もう少し先の中距離戦の方が
いいのかも知れないが、地力で残る可能性は考えておきたい。

△アートハウス
前走・忘れな草賞は、前半はゆったりと入った形だったが、道中をまずまずの
水準で進めつつ→最後まで伸び切っての完勝。その性能は認められる。
ただ、ここでは後半をまとめる力も重要だが、何だかんだ厳しいレースなので、
やはり引っ張られつつ→耐えられる力も重要。エリカ賞で、前半から脚を使う
形で負けている点からは、手放しでは推し切れない部分もあって、現段階での
扱いとしてはここまでに止めたい。

△サウンドビバーチェ
チューリップ賞は、道中は溜める格好だったが、前半でかなり脚を使いつつ→
直線も早め先頭から粘り込み、サークルオブライフなどと接戦を演じての4着。
その地力は認めておきたい。
その時の内容的には、距離延長につながるのか?と言えば微妙かも知れないが、
この馬も(一般的に”長さ”のある)ドゥラメンテ産駒で、こなしてくる可能性も
ある。この人気ならば、相手には少し考えてみたくなる存在。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。