2022年5月20日金曜日

京王杯スプリングカップ回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • まずまずの流れから、前後半がぴったりイーブンの展開。
  • 一定の持久力&切れ&持続力が問われた。

京王杯SC結果

メイケイエール1.20.2 33.6 06-05
スカイグルーヴ1.20.3 33.5 07-07
タイムトゥヘヴン1.20.4 33.4 10-09
ワールドバローズ1.20.4 33.2 11-11
ラウダシオン1.20.5 34.4 02-02
リレーションシップ1.20.5 33.5 09-09
シャインガーネット1.20.5 33.9 05-05

天候:曇 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.4
前半3F:34.4
12.3-10.9-11.2-11.4-10.9-11.3-12.2



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半平均強くらいの流れから、道中もそこまで緩まない
展開。そこから勝負所で加速しつつ→直線は右肩下がりの形。
(今回も公式ラップの怪しさはあるので、本来ラスト3Fは平均に近いような
推移になっているかも…だが)

今回は、レース全体としてのバランスがちょうどイーブン。
馬場も極端に速かった訳ではないので、近年の中ではそれなりに流れた方…とは
言えて、まずは一定の持久力は問われたはず。

後半に関しては、上位馬の挙動としてはある程度しっかりと末を伸ばす内容に
なっているし、(公式発表では落ち込んでいるが)実際にはラップのラスト1Fが
もう少しまとめられていたとすれば、適性的には、切れと持続力のバランス
…といったところか。

脚質的には、中団以降から→しっかりと決め手を発揮した馬が上位に浮上した
結果になっていて、前から進めた馬は前半(~道中)で脚を使った分→後半で
少し上げ切れなかった…というイメージにはなる。

本番に向けては、マイル水準の持久力…という部分ではもう1段上の裏付けが
欲しいので、そこは他のレースと合わせて考えたいところ。

一方で今回の上位は、近年、その後のスプリント戦で活躍した馬と同じような
内容にはなっているため、距離短縮へのつながりという方が、可能性としては
やはりあるのかも。(絶対的なスピードの中での決め脚という点で)
秋以降も含めて、長い目で注目はしていきたい感覚。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

メイケイエール
それなりに流れに乗りつつもじっくり進めて、直線は一完歩ずつ脚を伸ばしての
勝利。道中は危うい感じもあったが、しっかりと上がりをまとめられている…
というところで、成長は感じさせた。
スプリントG1でも出来るところは既に示している訳だし、この手のタイプは
年齢を重ねてもっと落ち着きが出てくれば、本当に覚醒する瞬間がやってくる
かも…というのはある。その時を楽しみに、じっくりと見守っていきたい感覚。

スカイグルーヴ
中団から、過去2戦と比べると(数字的にも)じっくりと溜めた内容になって
いて、少し持ち味を活かし切れなかった部分もありそうだが、それでも最後は
しっかりと詰めての2着。上がりも過去最速を記録して新味を出したとも言え
そうだし、とにかく今は状態がいい…ということだろう。
次はどこになるのか?分からないが、経歴の中でもパフォーマンスを上げている
今だからこそ、もう1度6Fで見てみたい気もするが…。とりあえず動向に注目。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。