2022年5月15日日曜日

ヴィクトリアマイル展望(予想)2022



予想


土曜は稍重から→良に回復という馬場の中でも、それなりに時計は出ていたし、
日曜はさらに速くなる可能性が当然ありそう。
マイル水準の(一貫した)流れへの対応力を、まずは重視しておきたい。


◎ファインルージュ
高い水準のラップを刻む展開の中でしっかりと好走した桜花賞と、後半11秒台の
ラップを刻み続ける中で→直線もうひと脚を使って勝利した紫苑Sの内容から、
個人的にここを意識しつつ注目していた馬。
前走・東京新聞杯に関しては、(成長分もあっただろうが)馬体を増やしていた
状態で、直線ではスムーズさを欠いた。仕方のない部分はあったし、その負けを
大きく捉える必要はないはず。
相手も強力なので勝ち切るのはもちろん大変だが、ここは推し切ってみたい。

○ソダシ
結局のところ、マイルでは条件を問わずに崩れていない…という経歴。まずは
目を瞑るところは目を瞑る…ということで良さそう。
桜花賞での、スピードに乗りつつ→上がりをしっかりとまとめた内容は、今この
段階に至っても(水準面でも)十分に裏付けとして機能しているし、この条件に
おいては、やはり有力な存在となる。
ダート帰りという部分での不安は少しあるが、当然可能性は考えておきたい。

▲ソングライン
同舞台NHKマイルCは、前傾のスピードに寄った展開の中で、自身はレースを
通して平均的に脚を使っての好走。その時のパフォーマンスは十分に高くなって
いるし、ここでも上位扱いになる。
それと比べると、もう少し穏やかに推移した富士Sでは、(ビュッとは来ない
ものの)しっかりと末を伸ばす内容を示していて、展開面で少しくらい揺らぎが
あっても問題なさそうだし、やはり可能性は考えておきたい存在。

注レイパパレ
大阪杯は、速い流れに乗りつつ、しっかりと粘り込んでの2着。最後は差された
ものの、改めて高い地力を示した。
昨年のような道悪ではともかく、今年の良馬場でも前傾の内容から→上がりを
まとめられた点で、距離短縮に対してのつながりを考えたくなるし、中距離を
走る馬としては細かく脚を使う走法的にも、ハマる可能性はありそう。
このレベルのマイルでは、走ってみなければ…というのはあるが、当然注目。

△デアリングタクト
マイルは桜花賞以来。その時は道悪の特殊なレースだったが、エルフィンSでは
しっかりと末を伸ばす形で、既にG1級の内容を示していた馬だし、とりあえず
経歴から言えば下げる要素はない。
…のだが、1年以上間隔が空いた状態。さすがにそこは1度走ってみなければ…
とはなるし、悩ましさはやはりある。⇒様子を見つつ…相手までにしたい。

△クリノプレミアム
福島牝馬Sは、速い流れの中で、自身も高い水準のラップを踏みつつ→しっかり
粘り込んでの2着。上位の中では最も前から進めていた格好だし、そこで示した
パフォーマンスはここでも十分上位に扱える。
絶対的なスピードの部分で超えられるか?というのはあるものの、距離短縮に
対しては好感が持てる臨戦過程だし、人気は皆無。注目はしてみたい。

△メイショウミモザ
阪神牝馬Sは、ロスなく進めた格好だが、道中を高い水準で進めつつ→上がりを
しっかりとまとめての勝利。適性面での幅を広げてきた。
スプリント戦を中心に使われてきた馬ではあるが、元々ここはその手のタイプが
ハマるパターンも度々見られるレースだし、3走前の最後までしっかりと脚を
伸ばした内容と合わせて、浮上の可能性もなくはなさそう。相手には考えたい。

△アンドヴァラナウト
阪神牝馬Sは、道中を高い水準で進めつつ→上がりをまとめての2着。負けは
したものの斤量を背負っていた方で、上位の中では最も前から進めていた格好
だし、力は十分に示した。
キビキビとした走法的に、今回外枠に入った点がどうか?というのはあって、
評価としてはここまでに止めたが、当然ピックアップはしておきたい存在。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。