2022年10月29日土曜日

アルテミスステークス展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • 前半ある程度流れて、一旦落ち着きつつ→しっかりと加速する展開。
  • 一定の持久力&切れが問われる。
  • 予想◎ラヴェル

過去のラップタイム

2021 12.3-11.0-11.9-12.0-12.0-11.6-11.5-11.7
2020 12.6-11.3-12.2-12.5-12.3-11.2-10.9-11.9
2019 12.8-11.5-12.0-12.1-12.2-11.4-11.0-11.3
2018 12.3-10.4-11.2-12.3-12.5-11.8-11.4-11.8
2017 12.4-11.2-11.8-12.1-12.3-11.4-11.5-12.2
2016 12.6-11.4-12.3-12.5-12.2-11.5-11.7-11.3
2015 12.5-11.3-11.1-12.4-12.6-11.9-11.1-11.2
2014 12.5-11.5-11.8-11.8-12.2-11.7-11.2-11.7
2013 12.3-11.1-11.8-12.5-12.8-11.9-11.2-11.6
2012 12.5-10.5-11.5-12.1-12.3-11.6-11.6-11.7

過去10年の平均ラップタイム
12.48-11.12-11.76-12.23-12.34-11.60-11.31-11.64
1.34.48



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速い流れで、道中はしっかり
落ち着く展開、そこから勝負所で大きく加速して、上がりが速くなる。

それなりに引っ張られる形からの、溜め→切れ勝負…というのがここでは基本。
したがって、一定の持久力を備えていることを前提にして、このコースらしく、
素直に「性能」を重視したいイメージ。

またここはやはり、本番を見据えつつ"見るレース"だと言えるが、その視点から
言うと、阪神JFと同様に"スケール感"が重要になるはずで、外を回しつつ突き
抜けるなどのパフォーマンスを示した馬に関しては、当然本番でも注目したい。


好走する条件
・一定の持久力&切れがあること



予想


◎ラヴェル
新馬戦は、前半はゆったりとしたものの、道中をまずまず高い水準で進めつつ→
上がりをしっかりと伸び切る形での勝利。相手にはサウジアラビアRCで好走
した馬もいた訳だし、その地力&性能は認めていいはず。
コース替わりの週の外枠がどう出るか?というのはあるが、走りとしても東京の
坂上には合いそうだし、ここは積極的に推し切ってみたい。

○アリスヴェリテ
前走は、前半で少し脚を使ってハナに立ちつつ、溜め→切れを発揮した格好。
最後は交わされたものの、自身のパフォーマンスは十分に高く、勝ち馬以外は
完封している内容だし、リズムとしてもここにはつながって良さそう。
新馬戦では、じっくりと進めつつ→上がりをまとめる競馬も出来ていて、適性の
幅も広そうだし、人気の甘いここはしっかりと注目しておきたい。

▲リバティアイランド
新馬戦は、前半~道中は歩いたような格好だったが、直線で1枚上の決め手を
発揮しての→突き抜け。とりあえずは(数字的に)見たことがないような内容に
なっているし、その性能は認めておきたいところ。
追走の水準という部分では全く裏付けがない扱いで、評価としては少し推し切れ
ないが、馬体はしっかりしているイメージだし、やはり可能性は考えたい。

注マラキナイア
新馬戦は、道中をかなり高い水準で進めつつ→上がりをまとめての勝利。
一貫した展開ではあったので、現状では切れの部分でどこまで?とはなるが、
自身が踏んだラップの厳しさは、他のメンバーと比較して1枚上だし、単純に
時計の裏付けでは威張れる。積極的な競馬ならば、可能性はあっても良さそう。

△ミシシッピテソーロ
同舞台の新馬戦は、前半は受け流した格好だが、道中を高い水準で進めつつ→
上がりをしっかりとまとめての勝利。前走でも、前半である程度引っ張られつつ
→直線を伸び切る形で勝利しているし、一定の地力&性能は十分に認められる。
馬格のない馬なので、上積みがどこまで?というのはあるが、注目はしたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。