2022年10月28日金曜日

富士ステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • ある程度引っ張られつつ、道中以降で緩急がついた展開。
  • 一定の持久力&切れが問われた。

富士S結果

セリフォス1.32.0 33.2 10-11
ソウルラッシュ1.32.1 33.5 07-10
ダノンスコーピオン1.32.1 33.6 05-08
ピースオブエイト1.32.4 33.5 12-13
エアロロノア1.32.5 34.0 10-08

天候:曇 芝:良
上り4F:46.0 3F:34.2
前半4F:46.0
12.2-10.8-11.3-11.7-11.8-11.3-11.2-11.7



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ある程度速い流れから、道中は(極端ではないが)
一旦落ち着いた展開で、そこから勝負所で加速→最後まであまり落とさない形。

今回の場合、馬場を考えると道中は少し落ち着いたくらいの扱いだが、前半部分
ではやはり引っ張られた格好。一定の持久力は必要とされた。

それを前提にして、レース全体としては前後半がピッタリとイーブンの展開。
(溜めを入れつつ→)後半でしっかり上げられる…ということも重要になり、
適性的には、切れが問われた。

脚質的には、内が荒れた馬場による部分もあっただろうが、引っ張られつつの
→緩急というところで、今回は後続も押し上げやすい形。
性能の高い差し馬がシンプルに浮上…という結果になった。

本番に向けては、何だかんだ人気3頭の決着ではあり、とりあえずは上位の力を
素直に認めておきたいところだし、それらの活躍にまずは注目しておきたい。
(あとは単純に、地力&性能面での他路線組との兼ね合い)


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

セリフォス
まずまずのスタートから→下げてじっくり、後半は進路確保に少し時間を要し
つつも、最後キッチリと差し切っての勝利。改めて性能を示した。
元々決め手もある馬だし、今回は前哨戦なので折り合い重視ということなのかも
知れないが、本来はもう少しスピードに乗る競馬でもいいタイプ。
その点では、頂点を目指す上で今の競馬を続けることがどう出るか?というのは
あるが…、とりあえずは順調ということで良さそう。
阪神マイルはしっかり結果を残している舞台だし、当然注目はしておきたい。

ソウルラッシュ
中団の外寄りから、直線でしっかりと脚を伸ばしての2着。最後は差されたが、
斤量を1つ背負う立場ではあったし、時計面でもしっかり更新してきた格好。
展開的にも、元々示していた地の強さに加えて、切れの部分でも補完できた扱い
にはなるし、充実の4歳秋という雰囲気ではある。
本番の展開がどちらに転ぶのか?は分からないが、少しでも地力の方に傾けば、
可能性としてはあっても良さそう。これも注目。

ダノンスコーピオン
好発からある程度流れに乗りつつ、勝負所はじっくり、直線で真っ直ぐに力を
使っての3着。最後は交わされたものの、坂上でもしっかり踏ん張っていたし、
今回は実質的にトップの斤量だったことを考えれば、当然評価できる。
速い上がりも使えてはいるが、ビュッとは来ないイメージで、どちらかと言えば
"地力"という雰囲気のタイプ。その点では本番はどのような展開になるのか?が
鍵にはなりそうだが、レベルが上がって→よりこの馬の適性に近づく可能性は
あっていい。前進する目は考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。