2022年10月22日土曜日

富士ステークス展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • ミドルペースから、一旦溜めつつ→しっかりと加速する展開。
  • 切れが問われる。
  • 予想◎セリフォス

過去のラップタイム

2021 12.0-11.2-12.1-11.7-11.7-11.3-11.5-11.7
2020 12.4-10.6-10.8-11.6-12.0-11.5-12.2-12.3

~G3時代~
2019 12.2-10.9-11.9-12.0-11.9-11.3-11.1-11.7
2018 12.4-10.9-11.3-11.3-11.5-11.0-11.6-11.7
2017 12.6-11.3-11.7-12.2-12.0-11.2-11.2-12.6
2016 13.0-11.5-11.8-11.8-11.7-11.2-11.2-11.8
2015 12.7-11.0-11.4-11.9-12.0-11.2-11.1-11.4
2014 12.6-11.3-11.7-12.0-11.8-10.9-11.2-11.7
2013 12.6-11.4-11.8-12.0-11.9-11.0-10.9-11.9
2012 12.3-10.8-11.3-11.5-11.7-11.3-11.6-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.48-11.09-11.58-11.80-11.82-11.19-11.36-11.87
1.33.19



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいで流れ、道中は一旦落ち着く
展開になり、勝負所でしっかりとした加速を示しつつ、上がりが速くなる。

このレースでは、以前はある程度道中が締まった展開になることも多かったの
だが、近年は道中でしっかり溜めてから→大きく加速するような展開が増えて
いて、このコースのイメージ通りに、純粋な切れ勝負となっている。

それに伴って活躍するタイプに関しても、以前のスピード耐性に優れた(中山で
強いような)馬から→直線で気持ち良く決め手を発揮出来る、性能の優れた馬に
変化しつつあって、マイルに特化したタイプだけでなく、ある程度距離適性に
幅のあるタイプにも注目はしておきたい。

※現段階で傾向に反映させるかは微妙だが、近年は再び締まった展開も現れて
いて、G2に格上げされている点も含め、少し地力の方にシフトすべき…かも。


好走する条件
・切れがあること



予想


◎セリフォス
NHKマイルCは、後方の馬も浮上した中で、久々の状態で前半から脚を使う
競馬をしつつ→上がりをまとめた格好。そこで示した地力と、安田記念で示した
決め手を合わせて考えれば、ここでもやはり上位扱いになる。
内の荒れ方が目立ってきている馬場を考えれば、今回は枠もちょうどいい所に
入ったし、人気でも素直に期待しておきたい。

○タイムトゥヘヴン
昨年3着。近走も、道中~上がりという形で安定して高いパフォーマンスを発揮
できているし、実力的にはここでも普通に上位扱い。
勝ち切るところまで…となると、展開的な助けが必要になりそうだが、終いの
確実性というところで、最後に突っ込んでくる可能性は十分。内枠には入った
ものの、この馬の場合はやることは1つだし、積極的な扱いにしてみたい。

▲ソウルラッシュ
マイラーズCは、締まった展開に引っ張られて各馬が一様に脚をなくした中で、
唯一しっかりとした脚を使いつつ→差し切った強い内容。
その時のパフォーマンスで考えれば、ここでも上位扱いになる。
安田記念では、直線で完全に詰まったため、時計への対応という部分では結局
まだ裏が取れていない扱いだが、ここで更新してくる可能性は考えておきたい。

注ダノンスコーピオン
NHKマイルCは、前半で押し上げる動きをしつつ→直線もしっかり。最後の
部分も踏ん張って勝利して、地力を示した。
朝日杯やアーリントンCの内容も含めて、実力的にはやはり上位に扱える。
今回は古馬と同斤量となるため、そこまで馬格があるタイプではない…という
部分で、評価はここまでにしたが、当然好走の可能性は考えておきたい。

△ピースワンパラディ
関屋記念は、馬場&展開によって後ろが差しづらい条件になり、この馬は好位で
位置取り的に恵まれた部分もあったが、超のつく久々の状態ながらしっかりと
掲示板は確保。改めて実力を示した。
(遡った)2走前では、道中~上がりという形で高いパフォーマンスを発揮して
いるし、前走を叩いての上積みがあれば、可能性としては十分。注目はしたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。