2022年10月14日金曜日

京都大賞典@阪神回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 道中落ち着いた流れから、後半で大きく加速する展開。
  • 切れが問われた。

京都大賞典結果

ヴェラアズール2.24.3 33.2 10-10-11-10
ボッケリーニ2.24.7 33.8 05-05-06-07
ウインマイティー2.24.9 34.0 07-07-08-07
ヒンドゥタイムズ2.25.0 34.3 07-07-06-04
ディアスティマ2.25.1 34.6 02-02-02-02

天候:曇 芝:稍重
上り4F:45.8 3F:33.9
前半1000m:60.7
12.1-11.2-12.5-12.6-12.3-12.8-12.6-12.4-11.9-11.3-10.9-11.7



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、スタート直後は速い入り方をしたが、隊列が決まって
からの道中は一旦しっかりと緩んだ展開。そこから後半部分では大きな加速を
示しつつ、上がりが速くなった。

今回の特徴は、やはり道中が落ち着いたこと。
前数頭に関しては前半で脚を使っていたが、勝ち負けした馬たちは全く無理を
していなかったし、シンプルに、それなりの水準からの→決め手勝負になった。
適性的には、切れが問われた。

脚質的には、中団辺りでじっくり進めた馬に向いた扱いではあるが、ともかく
今回は性能が物を言った印象。その点での上位の力は当然認めつつ、この先に
向けては、(地力の部分で)他のレースと合わせて考えていきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ヴェラアズール
中団後ろから、直線で大外に持ち出しつつ→1枚上の決め手を発揮しての勝利。
この方向性での力は当然認められる。
前半~道中で踏んだ水準は、これまで経験してきたレースとほとんど変わらない
扱いではあり、その点は、JCと言われている次戦の大きな課題にはなるが、
東京2400mも、シンプルな決め手勝負というのがあり得る舞台。
展開次第では…というところで、可能性としては考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。