2010年5月12日水曜日

京都新聞杯回顧 2010


レース総括
■前半~道中が平均的な流れから、上がりが速くなる形
■末の持続力が問われた


京都新聞杯結果
ゲシュタルト2.12.8 34.3 04-06-05-05
コスモファントム2.13.0 34.7 03-03-03-02
レーヴドリアン2.13.0 33.9 14-14-13-13
メイショウウズシオ2.13.0 34.4 08-08-08-08
ブレイクアセオリー2.13.1 34.6 06-07-05-05
シルクアーネスト2.13.2 34.5 10-09-08-08

天候:晴 芝:良
上り4F:46.8 3F:34.7
前半1000m:59.9
12.4-11.1-12.4-11.6-12.4-13.3-12.8-12.1-11.7-11.5-11.5




レース詳細
ラップタイムを見ると、スタート直後はミドルペースくらいだが、前の2頭が
競り合ったことで2コーナー付近がやや速くなり、その後上り坂でペースダウン
→下り坂で徐々に加速していき、そのまま終いまで速いスピードを維持する形。

今回は上記のように緩急のついた部分もあるが、前が少し離して、3コーナー
までには後続も差を詰めているので、実質的にはフラットに近い道中だったと
考えて良さそう。

そして馬場差を考慮すれば、ペース自体もこのレースとしては平均的な水準で
一定の持久力は問われているものの、結果としては末脚の持続力など、上がりの
性能に左右される部分は大きかった。

今回はレースレベルに関しても低いとは言えないが、ダービーに向けてそこまで
強調できる程の内容ではなく、他のステップレースと比べるとどうしても薄い
印象にはなってしまう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ゲシュタルト
持続力という部分ではもちろん評価できる内容ではあるが、地力の部分や
一瞬の切れ味などで、ダービーに向けては強調材料に乏しい…という感覚。
現時点でのイメージとしては(距離適性はともかく)菊花賞でやっと好走
できる馬のような、ぼんやりとした印象をどうしても受けて、どちらかと
言うと、夏~秋以降の活躍に期待したいところ。

コスモファントム
道中で楽が出来る展開とはいえ、休み明けでこのパフォーマンスは評価できて、
改めて地力の高さを証明した形。
それでもこの馬も特別に何か強調できるという訳ではないので、一応粒が揃った
感のあるダービーでどこまで出来るかは疑問…。

レーヴドリアン
道中でもある程度押し上げる形から、終いまでしっかり伸び切った持続力は
かなりのものだが、それでも前半がどうしても遅い分、結局差し切れないの
では仕方がない。
何はともあれ、適鞍待ち…という雰囲気。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事