2010年5月23日日曜日

オークス展望 2010


予想
データで見ると、桜花賞組が軒並み高いパフォーマンスを示していて、
逆にその内容を信用していいのか不安にもなるのだが、チューリップ賞
→桜花賞の過程での失敗があるので、基本的にはそこで伸び切ったという
イメージの馬を中心に考えたい。

◎オウケンサクラ
持久力&持続力がかなり高く、(絶対的な)上がりには限界を感じる馬では
あるのだが、馬場が渋れば実質速い上がりという形で問題はなくなりそう。
馬体を見ると案外窮屈なところがあって、絶対視まではできないという感覚
にはなるのだが、桜花賞前からの初志貫徹ということでここは期待してみたい。

○アパパネ
末の持続力という点では少しだけ疑いも持っているのだが、桜花賞を見る限りは
(単体ではなく)相対的に考えれば、気にする程ではないのだと思う。
距離も良い方向には働かなくても、今の時期なら克服してきそうな雰囲気。

▲ギンザボナンザ
桜花賞では、同じような内容を示す馬が多い中で、特に伸び切ったという印象が
強くて、距離延長に対してはかなり好感を持てそうなイメージ。
桜花賞と同じくの3番手評価だが、今回の方が少しだけ期待値は高い。

注アグネスワルツ
前走は休み明けでもしっかり結果を出して、おそらく持久力&持続力ともに
かなり高いものを持っている。
元々個人的にかなり期待していた馬でもあるし、上積みの大きさを考慮すれば
サンテミリオンよりもこちらという気はする。

△サンテミリオン
フローラSの内容で言えば、昨年の勝ち馬でオークス5着のディアジーナよりも
普通に上だし、ここでも期待できると思うのだが、桜花賞組のパフォーマンスが
高くて、どうしてもこれ以上の評価にはしづらい。

△コスモネモシン
桜花賞では十分高いパフォーマンスを示しているが、最後の部分があと1つ
伸び切れなかったという印象は受ける。
元々スタミナは示している馬なので、距離延長は良い方向に働きそうだが、
勝ち負けまでは少し厳しいような気はする。

△ショウリュウムーン
持久力はおそらく高くて、当初はかなり期待できると思っていたのだが、改めて
桜花賞の内容を見てみると、道中は(相対的に)結構溜めたという印象。
敢えて強調する事もなく、これ程大人気するのなら狙い下げたい感覚にはなる。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事