2010年5月30日日曜日

目黒記念展望 2010


過去(改修後)のラップタイムは以下の通り。

2009 7.2-11.5-11.2-13.0-13.1-12.8-13.3-13.5-12.5-12.5-12.6-12.5-13.3
2008 7.3-11.4-11.6-12.3-12.1-12.0-12.3-12.4-12.2-12.0-11.5-12.3-12.5
2007 6.9-11.4-11.8-13.0-13.1-12.6-11.6-12.3-11.6-11.7-11.4-11.8-12.2
2006 6.9-11.3-11.5-12.4-12.6-12.1-12.7-12.5-12.4-12.2-11.8-12.0-12.7
2005 7.1-11.3-11.2-12.3-12.6-12.1-12.4-12.3-11.6-11.4-11.4-11.6-12.5
2004 7.1-11.2-11.3-11.4-11.5-11.5-12.2-12.4-12.6-12.9-11.8-12.2-12.4
2003 7.2-10.7-11.6-12.4-12.5-12.5-12.6-13.0-12.3-11.9-11.2-11.0-12.3

過去7年の平均ラップタイム
7.10-11.26-11.46-12.40-12.50-12.23-12.44-12.63
-12.17-12.09-11.67-11.91-12.56
2.32.41




傾向
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいで流れ、道中は極端に緩む
場面がなく、ある程度締まった展開になり、上がりはロングスパート気味で、
ラスト3Fは完全に右肩下がりの形になっている。

ここの特徴は、とにかくこの距離としては道中の水準が高いということで、
何よりもまずは持久力が重視されて、それによって地力の低い馬が振るい
落とされ、ハンデ戦にも関わらず実績馬の好走が目立つ結果になっている。

上がりの部分に関しては、東京らしく勝負所で一気に加速するというよりも、
徐々に加速して行く形から、終いが少し掛かるような展開になるため、切れ
というよりも、末脚の持続力を持っていることの方が重要になる。

結局のところこのレースに出走してくる馬は、同週に金鯱賞という選択肢も
ある中で、(もちろん東西の問題もあるが)距離の長い目黒記念を選んできて
いるのだから、スタミナ色の濃い内容になるのは当然と言えるのかも知れない。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想
おそらくミッキーペトラが引っ張るだろうが、タイプ的に道中を溜める形に
したい馬なので、今回はゆったりした流れになる可能性もありそう。
したがって基本的に持久力を重視する部分は変わらないが、ある程度の
決め手を備えたタイプには一応注意しておきたい。

◎トップカミング
持久力はこのメンバー相手なら普通に上位だし、道中で脚が削られるような
展開にでもならない限りは、長い直線も伸び切れる力を持っている。
ここは単純にアルナスラインの状態というところだけ。

○アルナスライン
持久力で言えばさすがに上の存在で、問題は休み明けで他の馬よりも2kg以上
重い斤量という条件を覆せるかどうか。
そこまで厳しい流れというのも考えにくいので、体さえ出来ていればある程度
格好はつくと思うが、信頼まではなかなかしづらい…。

▲モンテクリスエス
持久力という点ではこのメンバーなら主張できるだろうが、上がりの速い脚が
ないので、他の馬がある程度消耗する形でこそというタイプ。
そう考えると今回の流れだと少し分が悪くなりそうだが、天皇賞帰りも1頭
だけで、あまりに手薄なメンバーなので、やはり上位には浮上してきそう。

注フェニコーン
前走はかなり捲くる形からでも最後まで止まらない内容で勝ち切っていて、
持続力に関しては十分評価できる。
単純に地力でどこまで通用するかは微妙だが、例年のように長い脚が必要な
形になれば浮上する可能性はありそう。

△ミッキーペトラ
スタミナ勝負になるとおそらく厳しいが、楽に先手は取れそうなので、道中を
スローに落として、何とか決め手の戦いに持ち込めたら残れる可能性はある。

△コパノジングー
持久力という点では少し物足りないが、ある程度ペースが落ち着くようなら
切れを活かす形での浮上はありそう。
あくまで上がり勝負ならという扱いではあるが…。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事