2010年5月8日土曜日

新潟大賞典展望 2010


過去(改修後)のラップタイムは以下の通り。

2009 12.9-11.0-11.0-11.3-12.0-12.3-12.1-11.8-11.0-11.5
2008 12.6-11.4-11.5-12.3-12.9-12.9-12.0-11.1-10.7-11.1
2007 12.5-11.3-11.5-11.6-12.3-12.2-11.9-11.3-10.9-12.2
2006 12.9-11.3-11.9-11.5-12.5-12.3-11.7-11.6-11.2-12.2
2005 12.7-11.0-11.5-11.7-12.5-12.3-12.2-11.9-11.0-12.1
2004 12.8-11.5-12.0-12.0-12.6-12.8-12.3-11.6-10.6-12.3
2003 12.7-10.9-11.1-11.5-12.3-12.6-12.4-11.6-11.1-12.1
2002 12.3-11.2-11.7-12.1-12.3-12.3-11.9-11.4-10.9-12.7

過去8年の平均ラップタイム
12.68-11.20-11.53-11.75-12.43-12.46-12.06-11.54-10.93-12.03
1.58.59




傾向
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は基本的に
しっかり緩む展開になり、その後直線に入ってからはかなり加速していって、
このコースらしく上がりの速い形。

昨年などはある程度締まった形になったが、やはりこの舞台では緩い形からの
上がり勝負が基本だと言えて、当然のように勝負所で置かれないための切れと
長い直線を伸び切れる持続力が必要になる。

ただし最初の直線部分が長いこともあって4F目までがなかなか緩まないことも
多く、脚質的には積極策の馬だと、バテるまではいかなくても上がり勝負に
対応しきれない可能性があるので、ここでは中団以降でじっくり溜めるタイプを
中心に考えておきたい。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること


予想

◎セイクリッドバレー
道中のペースが上がってどうかという部分はあるが、同舞台で勝ち切った
経歴もあることだし、直線で伸び切る力は持っているタイプ。
道中動かないことが重要な舞台で、じっくり溜める鞍上も合いそう。

○ニホンピロレガーロ
勝負所での動き出しという点で多少不安はあるが、伸び切る力は持っていて、
昨年最低人気でも2着しているようにこの舞台は合っている。
出来ればある程度引っ張られる流れになって欲しいところだが…。

▲ゴールデンダリア
前半で引っ張られたり、極端に切れが問われる形になると不安もあるのだが、
終いの部分では長い脚が使えるタイプなので、直線は確実に伸びてきそう。
勝ち負けまではともかく、好走は十分期待できるはず。

注チョウカイファイト
持久力は高く、切れも持っているタイプなので、ここでも主張出来てもいいと
思うが、終いの部分の持続という点ではあと1つ物足りない印象を受ける。
見せ場までは作れても不思議ではないが…。

△トリビュートソング
持久力は高い馬なので基本的には浮上してくるとは思うが、直線で伸び切る
ということに関しては少し不安がありそう。
好走はしても勝ち切るところまでのイメージは湧かない。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事