2010年5月2日日曜日

天皇賞(春)展望 2010


予想
展開としてはミッキーペトラあたりが引っ張るとは思うが、どちらかと言うと
この馬は溜め→切れタイプだし、人気馬もある程度控えるタイプばかりなので、
天皇賞らしからぬ、4角までじっくり…という展開すらあり得る。
それでも予想としてはしっかり格が問われるレースになることを期待しつつ、
地力の部分を重視しておく。

◎マイネルキッツ
持久力&持続力は高く、昨年も勝ち切っているように、極端な切れ味を必要と
しないこの舞台ならやはり上の存在。
流れが緩くなって切れ負けということも十分あり得るのだが、あまりに手薄な
メンバー構成を考えたら、どちらかと言うと連覇を期待したい感覚にはなる。

○フォゲッタブル
レース振りからある程度風格が漂ってくるのはこの馬しかいない…。
それでも持久力に関しては裏付けが十分という訳にはいかず、(止まらない脚が
あるので好走は間違いないと思うが)勝ち切るかどうかで考えたら感覚的には
少し躊躇してしまう。

▲エアシェイディ
持久力ということに関しては3000m級を楽々追走というイメージではないが、
元来の地の強さで長い道中を耐え切ることも十分考えられる。
単純にロングスパート戦で伸び切ることに関しては得意なタイプだし、周りの
レベルがそれほど高くない今回なら積極的な扱いで良さそう。

注トウカイトリック
持久力&持続力は高く、この舞台で崩れるイメージは全く湧かない。
それでも切れという部分では、勝負所でどうしても遅れをとる可能性が高く、
G1で勝ち負けまではやはり難しそうな印象。

△ジャガーメイル
スローからの決め手勝負は大得意な馬なので、京都記念に関してはとりあえず
過大評価だけは避けたいところで、道中で持久力が試される形から上がりでも
長い脚が必要になるここでは、あまり推したい気持ちにはならない。
ただこのメンバーだと単純な上がり勝負になる可能性も排除できないが…。

△トーセンクラウン
前走で距離延長しつつ一定の結果を残してきたという点では、マイネルキッツの
昨年と同じようだが、日経賞のレベルとしては昨年の方がどう考えても上だし、
この馬の場合、持久力は高くても3000m級で活躍する馬のイメージとは少し
違っているように感じる。
スローペースを好位から粘り通す可能性はありそうだが…。

☆ジャミール
持久力は高そうだが、伸び切るということに関してはまだ上がいるという印象。
さすがにここを押し切るまでのイメージは湧かない。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事