2010年5月9日日曜日

NHKマイルC展望 2010


予想
道中がどの程度の水準になるかは分からないが、エーシンダックマンが
引っ張るとして、好位につけたいような馬も何頭かいるので、前半に関しては
やはりある程度のスピードで流れそう。
したがってハイペース耐性という点での裏付けはまずは欲しいところ。

◎サンライズプリンス
持久力&持続力抜群で、現状では適性面での懸念もあるのかもしれないが、
それを超えてくるレベル…という扱い。
決め手に関しても、中京と中山しか走ってないので、それを発揮する機会に
恵まれなかっただけかも知れないので、ここは素直に期待してみたい。

○エイシンアポロン
ハイペースへの対応は問題ないし、溜め→切れを活かしたいタイプなので、
中山マイルというよりも、むしろこちらの方が合いそうなイメージ。
状態面で良い話が聞こえて来ないが、マイルでこの馬が単勝10倍台というのは
どうも違和感がある。

▲レト
切れに関しての懸念はあるが、持続力は相当なものを持っていて、厳しい
流れになれば自然と浮上してきそう。
シンザン記念で控えすぎて失敗している点以外は2006年のロジックのような
臨戦過程で、マイル重賞で続けて上位に入れる安定感は魅力。

注リルダヴァル
前走では前半からある程度脚を使う形でも大きく崩れることはなかった。
道中の裏付け十分という訳にはいかないが、ここの流れにもある程度対応
できそうに思えるので、しっかり決め手は使えそうな雰囲気。

△ダイワバーバリアン
持久力はまずまず高く、勝負所でもしっかり動けそうだが、伸び切るという
ことに関しては少し疑問符がつく。
感覚としては直線半ばまでというイメージ。

△ガルボ
持続力はあって、溜めればある程度の決め手も発揮できそうではあるが、
ここのペースだと最後はなだれ込むだけという競馬にもなりかねない。
ある程度控える競馬ができれば浮上の可能性もあるが…。

△ダノンシャンティ
馬体からは道中の水準が上がって駄目なタイプとも思えないが、それでも
マイルのスピードという点での裏付けがない中での大人気なので、積極的に
推したい気持ちにはどうしてもならない。
普通に対応して、尚且つ今までのような決め手を発揮できるというのなら
素直に今後に期待したいが…。

☆コスモセンサー
持続力はかなりのものだが、タイプ的にここの直線を押し切るのは難しそう。
思い切って控える競馬が選択できるようなら面白いのだが…。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事