2010年6月1日火曜日

目黒記念回顧 2010


レース総括
■かなり緩い流れからの上がり勝負
■決め手が問われた


目黒記念結果
コパノジングー2.34.8 33.3 05-06-06-07
イケドラゴン2.34.9 34.1 01-01-01-01
フェニコーン2.34.9 33.6 05-04-04-04
スマートステージ2.35.1 33.3 07-08-08-08
アルナスライン2.35.1 33.9 03-03-03-03
ミッキーペトラ2.35.1 34.0 02-02-02-02

天候:曇 芝:良
上り4F:46.4 3F:34.0
7.2-11.5-11.9-13.0-13.2-13.1-12.8-12.8-12.9-12.4-11.4-10.8-11.8




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半からゆったりとしたペースで、道中は不良馬場の
昨年に匹敵するくらいの極端に緩い流れになり、完全な上がり勝負という形。

この展開では持久力という部分はそこまで重要にならず、基本的に問われたのは
決め手のみだと言えそうで、重い斤量を背負った実績馬がかなり苦労したという
印象を受ける。

今回は、上がりの性能以外の部分では、さすがにこの先につながるという訳には
いかないので、どちらかと言うと、実績馬の巻き返しに期待したい感覚。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アルナスライン
展開は楽過ぎるが、イマイチと言える状態で崩れなかった点は一応評価できる。
ただ天皇賞が既に過ぎてしまっていて、中距離の流れでは確実に脚を削られて
きた履歴のこの馬に、この先活躍の場があるのか…という疑問は自然と湧く。

トップカミング
スタートで後手を踏み、この流れで終始後方ではさすがに厳しかった。
素直に巻き返しに期待したいところ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事