2010年6月20日日曜日

マーメイドS展望 2010


過去のラップタイムは以下の通り。

2009 12.4-10.7-12.6-12.4-12.2-12.2-12.0-12.0-11.4-12.3
2008 12.7-11.2-12.4-12.5-12.3-12.7-12.4-12.3-12.2-12.8
2007 12.6-10.9-11.6-11.5-11.4-11.8-11.9-12.1-12.5-12.1
2006 12.6-11.2-12.5-12.4-12.3-12.8-11.8-11.4-11.7-12.4(注:京都開催)
2005 12.7-11.7-12.1-12.0-12.0-11.9-11.7-11.7-11.9-12.8
2004 12.8-11.0-12.6-12.3-12.3-12.1-12.0-11.8-11.4-11.7
2003 12.5-11.2-12.4-13.0-12.6-12.3-12.2-12.1-12.4-13.0
2002 12.6-11.4-12.4-11.6-11.4-11.5-12.0-11.7-11.8-12.7
2001 12.8-11.2-12.4-11.8-11.6-11.9-11.6-11.4-12.1-12.4
2000 12.7-11.3-12.4-11.7-11.7-11.7-11.6-11.7-11.9-12.2

過去10年の平均ラップタイム(2006年は除く)
12.64-11.18-12.32-12.09-11.94-12.01-11.93-11.87-11.96-12.44
2.00.39




傾向
過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は
ほとんど緩まずにかなり締まった展開になり、そのまま上がりまで一定に近い
スピードを維持しつつ、ラストだけ少し落ちる形。

ここの特徴はやはり道中の速さで、その厳しさに対応できるだけの持久力を
まずは備えていなければならず、そこから上がりに掛けても、かなり長い脚を
使う必要があるために、当然のように持続力が問われる。

脚質的にはどちらが優勢ということは言い切れないが、差し馬の場合、道中で
脚を使う形からでも、最後まで伸び切れるような地の強いタイプでなければ上位
浮上は難しく、切れるタイプの差し馬が道中で脚を削られて直線不発⇒逃げ&
先行馬が残る…という事態は考慮しておく必要がありそう。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎ブラボーデイジー
持久力&持続力高く、余程の決め手勝負にでもならない限り、ここで崩れる
ようなイメージは湧かない。
ポジションはブライティアパルスの出方次第ではあるが、ある程度の自在性は
持っているし、馬場もどちらに転んでも構わない。

○ニシノブルームーン
さすがにここでは地力上位だし、終いの部分での持続力は確かなものがある。
タイプ的に道中はじっくり行きたい馬なので、外枠というのはやはり問題だが、
外をブン回すタイプの鞍上でもないので、対応出来てもよさそう。

▲ブライティアパルス
明らかに飛ばし過ぎて負けた2走に対して、前走は道中で溜める形から切れを
発揮する、自身の持ち味を活かしきった内容。
その形で上手くいったことを考えれば、今更暴走気味の逃げを選択することは
ないだろうし、距離が伸びても良いパフォーマンスを期待できそう。

注リトルアマポーラ
3着した昨年から更に0.5kg加算のトップハンデだが、地力では当然上の存在。
前走の内容は少しだけ物足りないようにも映るのだが、タイプ的に切れという
よりも持久力を活かしたい馬なので、前半でもう少し引っ張られそうなここでは
中団から浮上する場面は想像できる。

△セラフィックロンプ
持久力は高いものを持っていて、スタミナよりの展開になれば面白い存在。
昨年は後方から6着に迫った内容だったが、ある程度好位からなら、もう少し
浮上できてもいいはず。

△チェレブリタ
道中~上がりで持続する形は得意で、ある程度良いポジションから進められさえ
すれば、勝ち負けまで迫れるだけの決め手は感じないものの、相対的な浮上は
十分あり得る。

☆ヒカルアマランサス
前走では今までにない持続力を発揮していて、地力強化は間違いなさそうだが、
あまりにスピードよりな印象は受けて、2000mで同じような内容を示せるのかと
考えると、どうしても積極的に推したい気持ちにはならない…。

☆テイエムオーロラ
勢いはあるし、クーデグレイスを凌ぎ切った前走も評価できる。
それでも頭が高く、無理矢理に走っているように見える馬が、これ以上の
距離延長…というのは信用しきれない部分がある。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事