2010年8月21日土曜日

札幌記念の傾向 2010


札幌記念過去10年のラップタイム
過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。

2009(ヤマニンキングリー:2.00.7)
12.5-11.1-12.0-12.4-12.2-12.2-12.1-11.9-11.8-12.5

天候:曇 芝:良
上り4F:48.3 3F:36.2
前半1000m:60.2
勝ち馬コーナー通過:05-04-03-03
勝ち馬上り3F:35.8


2008(タスカータソルテ:1.58.6)
12.3-10.9-11.5-11.7-12.0-12.2-12.2-12.4-11.6-11.8

天候:曇 芝:良
上り4F:48.0 3F:35.8
前半1000m:58.4
勝ち馬コーナー通過:09-08-08-07
勝ち馬上り3F:34.3


2007(フサイチパンドラ:2.00.1)
12.7-10.9-11.9-12.7-12.5-12.5-12.1-11.7-11.4-11.7

天候:晴 芝:良
上り4F:46.9 3F:34.8
前半1000m:60.7
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:34.8


2006(アドマイヤムーン:2.00.3)
12.7-11.2-12.1-12.6-12.6-12.6-12.2-11.6-11.4-11.3

天候:晴 芝:良
上り4F:46.5 3F:34.3
前半1000m:61.2
勝ち馬コーナー通過:11-11-11-09
勝ち馬上り3F:33.5


2005(ヘヴンリーロマンス:2.01.1)
12.6-11.5-12.1-12.3-12.0-11.9-12.0-11.9-12.0-12.8

天候:雨 芝:良
上り4F:48.7 3F:36.7
前半1000m:60.5
勝ち馬コーナー通過:10-09-11-08
勝ち馬上り3F:35.9


2004(ファインモーション:2.00.4)
12.9-11.1-11.6-12.2-12.1-12.3-12.1-11.7-11.8-12.6

天候:晴 芝:良
上り4F:48.2 3F:36.1
前半1000m:59.9
勝ち馬コーナー通過:11-11-11-05
勝ち馬上り3F:34.9


2003(サクラプレジデント:2.00.3)
13.1-11.6-11.8-12.2-12.1-12.3-12.1-11.7-11.7-11.7

天候:曇 芝:良
上り4F:47.2 3F:35.1
前半1000m:60.8
勝ち馬コーナー通過:08-08-08-03
勝ち馬上り3F:33.7


2002(テイエムオーシャン:1.59.5)
12.6-10.5-11.7-12.4-12.3-12.4-12.2-11.9-11.9-11.6

天候:晴 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.4
前半1000m:59.5
勝ち馬コーナー通過:04-04-03-03
勝ち馬上り3F:34.5


2001(エアエミネム:2.00.1)
13.1-10.7-11.9-13.1-12.2-12.4-12.0-11.6-11.4-11.7

天候:晴 芝:良
上り4F:46.7 3F:34.7
前半1000m:61.0
勝ち馬コーナー通過:04-04-04-02
勝ち馬上り3F:34.4


2000(ダイワカーリアン:1.59.9)
12.6-11.4-11.8-12.2-12.2-12.1-12.0-11.7-11.8-12.1

天候:晴 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.6
前半1000m:60.2
勝ち馬コーナー通過:01-01-01-01
勝ち馬上り3F:35.6


過去10年の平均ラップタイム
12.71-11.09-11.84-12.38-12.22-12.29-12.10-11.81-11.68-11.98
2.00.10




傾向
過去の平均ラップタイムを見てみると、前半はミドルペースくらいで、道中は
一旦落ち着く形もあまり緩まない流れ、その後勝負所で徐々に加速して行き、
最後まである程度のスピードを維持する展開。

このレースは06、07年のように緩んだ年も一応あるものの、基本的には道中は
締まった流れになることが多くて、さすがに夏随一の格が問われるレースだけに
一定の持久力は必要になる。

その一方で、同じ2000mでも他のローカル競馬場と比べて(カーブ比率が高く)
最初の直線が短い構造になっていることもあって、前半が極端に速くなることは
稀で、その分上がりが速くなって、勝負所での切れと末脚(トップスピード)の
持続力を備えていることが重要になる。

脚質的には直線の短いコースだけに、ある程度好位からの馬が持続力を発揮して
押し切る形が基本になりそうだが、そこにあまり息を入れられない展開からでも
捲くっていけるような、持続力に優れた差し馬が突っ込むというイメージ。
(とにかく長い脚を使えるという点の裏付けだけは取っておきたい)


好走の条件
・一定の持久力が必要
・切れ&末脚の持続力があること







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事