2010年8月22日日曜日

札幌記念展望 2010


予想
前に行く馬も何頭かいるが、暴走するタイプはいないので、案外隊列がすんなり
決まり、前半の流れが落ち着く可能性もあるかもしれない。
それでもアーネストリーがいるので、少なくとも道中はある程度締まった展開に
なることが予想されて、一応は地力勝負と見ておきたい。

◎アーネストリー
宝塚記念の内容だけでも、地力に関しては上という見方で間違いない。
問題があるとしたら極端な決め手勝負になった場合くらいだが、この鞍上との
コンビで、今更そんな展開を許すとは思えないし、普通に中心視でいいはず。

○マイネルスターリー
函館記念は相当に強い内容で、地力勝負であればまず間違いなく上位争いは
してきそうな雰囲気。
ただし前走は(前半というよりも道中を締めつけたい)テイエムプリキュアが
引っ張る展開が嵌まったという部分もあるので、その時と比べて上がりの脚が
必要になる今回は、前を捕らえ切れるかどうか…といったところ。

▲マイネルキッツ
元々中距離で持続力を発揮して好走して、決め手で取りこぼしていたという馬
なので、極端な上がり勝負にならず、地力が問われる展開になるようであれば、
G1馬の格が物を言う…という見方は十分出来る。

注ドリームサンデー
もう何度目になるか、アーネストリーとの逃げ&番手決着というイメージも
十分湧くのだが、ここは締まった流れからでもある程度上がりをまとめてくる
馬もいるので、一本調子なスピードで逃げ切るのはなかなか難しいイメージ。

△フィールドベアー
前走でも最後はしっかり浮上してきているように、元々持続力はかなりのものを
持っていて、2年前に3着しているようにこの舞台は合っている。
問題は(近走少し物足りない印象の)前半の追走という部分だけで、ある程度
好位から進められさえすれば…という扱い。

△ヒルノダムール
地力も決め手も示している馬だが、極端に道中の緩いダービーで(相対的に)
案外伸び切れなかったところを見ると、走法など、道中でのロスが意外と大きい
のでは…という疑問が湧く。
そう考えると距離短縮はプラスになりそうだが、逆に道中で脚が削られすぎる
懸念もあり、その状態で地力で主張できる程、ここのレベルは低くないはず…。

☆ヤマニンキングリー
能力&適性に関しては何も言うことはない。
出来がまともなら…というだけ。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事