2010年10月21日木曜日

秋華賞回顧 2010


レース総括
■前半やや速く、道中は一旦落ち着き、実質ロングスパート気味の展開
■持久力&末脚の持続力が問われた


秋華賞結果
アパパネ1.58.4 34.1 11-12-08-08
アニメイトバイオ1.58.5 34.0 11-10-12-12
アプリコットフィズ1.58.6 34.4 04-04-05-04
ワイルドラズベリー1.58.7 34.2 15-13-12-12
レディアルバローザ1.58.7 34.3 06-07-08-10

天候:晴 芝:良
上り4F:47.1 3F:34.6
前半1000m:58.5
12.0-10.8-12.0-11.9-11.8-12.8-12.5-11.6-11.2-11.8




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半やや速く、向こう正面まではなかなかスピードの
落ちない展開になり、3コーナー前後で緩んだ後は、一気に加速して上がりの
速い形になった。

今回は、アグネスワルツが1頭で飛ばした形ではあったが、後続に関しても
やはり前半部分ではある程度引っ張られていて、高い持久力が問われたことは
間違いない。

また3コーナー手前の上り坂辺りからは一旦緩む場面も見られたが、ラスト4F
~3Fあたりでは隊列が一気に詰まっていることから、後続にとっては実質的に
ロングスパート気味の展開だったと言えて、末脚の持続力を持っていることも
重要になった。

脚質的には、ディアアレトゥーサのように中団から早めに仕掛けていく馬も
いたので、それに巻き込まれた先行勢には少し厳しくなり、やはり速い前半を
受け流して後方から進めた馬が有利だったと言える。

今回の内容であれば、レベル的にもある程度高くて、適性的にもレースを通した
持続力よりも持久力&上がりの性能が問われ、つまりマイルよりも中長距離的な
資質を備えていることが重要だったと言えて、距離延長のエリザベス女王杯には
十分につながっていくように思える。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アパパネ
前走まではデータ的に見れば圧倒的なパフォーマンスという訳ではなかったが、
今回に関しては十分な内容を示していて、特に切れと持久力という面では3冠を
獲るのに相応しいレベルだったと言えそう。
(個人的には)末の持続力という点で、あと1つ信頼しきれない部分は正直ある
のだが、古馬との戦いになっても当然上位を争う存在であることは間違いない。

アニメイトバイオ
持久力&末の持続力に関しては十分な内容を示していて、一瞬の切れの部分
では不安もあるが、距離延長&直線が長くなればもう少し出来ていいという
雰囲気はある。
したがってエリザベス女王杯では、アパパネ逆転の可能性はあってもいいと
思うが、同タイプで、より強力なメイショウベルーガを倒すのはなかなか
難しい…という印象。

アプリコットフィズ
前半後方に位置していた馬が上位を占める中、好位から進めて馬券に絡んだ
ことは当然評価できて、特に持久力という部分に関しては(前走から距離が
伸びても全くパフォーマンスが落ちてないことから)相当なものがあって、
今回は単純に決め手負けの印象にも映る。
したがってこの先の古馬or牡馬との戦いで、より厳しい展開となれば、他の
馬以上に期待できる可能性もあって、とりあえずエリザベス女王杯でさらに
距離が伸びることは歓迎…という雰囲気。

ワイルドラズベリー
前走までに、前半で引っ張られて地力が問われる形ではしっかり結果を出して
いたし、この展開ならば浮上は当然。
それでもラスト1Fの持続という部分では、上位3頭とは少し差があるような
印象も受けて、この手の(最後止まるような)タイプは、地力で圧倒できる
メンバーでなければなかなか勝ち負けは難しく、この先一線級相手だと少し
苦労する可能性はあるかもしれない…。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事