2010年10月16日土曜日

デイリー杯2歳S展望 2010


過去のラップタイムは以下の通り。

2009 12.1-11.0-11.4-12.3-12.0-11.7-11.4-11.8
2008 12.2-10.8-11.5-11.7-11.7-11.2-12.2-12.0
2007 12.3-11.3-11.9-13.1-12.4-12.0-11.0-11.6
2006 11.9-11.3-12.1-12.1-11.9-11.1-12.0-11.9
2005 12.7-11.9-12.5-13.0-12.5-11.4-11.8-11.4
2004 12.6-10.8-11.1-12.0-12.1-12.1-11.7-11.9
2003 12.2-11.2-12.1-12.2-11.7-11.6-11.7-11.4
2002 12.4-11.3-11.2-12.4-12.2-11.7-11.3-11.4
2001 12.2-11.1-11.3-11.7-12.3-12.3-12.1-11.9
2000 12.0-10.6-11.5-12.5-12.3-11.9-11.7-12.1

過去10年の平均ラップタイム
12.26-11.13-11.66-12.30-12.11-11.70-11.69-11.74
1.34.59




傾向
過去の平均ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速く、道中は一旦
落ち着く展開で、ラスト3Fは一定のスピードを維持する形。

この時期の馬のレースなので極端に道中が緩む年もあって、それが平均をかなり
押し下げているのだが、実際には2年に1度くらいは締まった流れになっていて
場合によってはかなり地力を問われる形もあり得るので、ある程度高い水準の
道中に耐えられることを、ここでは前提としたい。

またこのコースらしく、上がりの部分では最後までラップがあまり落ちないので
末の持続力は確実に問われ、その点の裏付けはしっかり取っておきたいところ。


好走の条件
・一定の持久力は欲しい
・末脚の持続力が必要


予想

◎グランプリボス
前走では道中~上がりに掛けてなかなかの持続力を発揮していて、レベル的にも
オールアズワンを抑え切っているのだから十分評価できるはず。
終いを伸び切るということに関してはあと1つという印象を受けなくもないが、
この相手ならやはり上に取りたい。

○トップシャイン
道中に関してははっきり言って物足りないが、終いを伸び切るということに
関しては前走で十分な内容を示している。
ある程度の上積みを期待して道中さえ耐えられれば。

▲メイショウナルト
前走は前半で脚を使った分もあって決め手負けした印象だが、前々走では
しっかり長い脚を使えているし、持久力という点でも十分な内容を示している。
スピード耐性という点で多少不安を感じなくもないが、このメンバー相手だと
どうやっても上位にはいそう。

注レーヴディソール
前走の内容からは、勝負所での一瞬の切れは微妙にも映るが、終いの持続という
部分に関しては相当なものを持っているように感じる。
ただし道中が緩過ぎなので現状信頼まではしづらい…。

△エイシンオスマン
終いの持続という点では物足りない印象だが、前走ではまずまず水準の高い
内容を示している。
そこからの上積みがあればここでの好走も十分あり得る。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事