2010年10月19日火曜日

デイリー杯2歳S回顧 2010


レース総括
■ある程度引っ張られる形から、上がりは長い脚が必要な展開
■持久力&末脚の持続力が問われた


デイリー杯2歳S結果
レーヴディソール1.33.6 33.7 09-08
アドマイヤサガス1.33.8 34.1 06-06
メイショウナルト1.34.0 34.7 04-03
クリーンエコロジー1.34.1 35.1 01-01
トップシャイン1.34.1 34.2 09-08

天候:晴 芝:良
上り4F:46.6 3F:34.6
前半4F:47.0
12.1-10.8-11.6-12.5-12.0-11.5-11.6-11.5




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半やや速く、道中は一旦落ち着いて、ラスト3Fで
一定のスピードを維持する形。

今回の特徴としては、まずは前半の速さが挙げられて、当然その部分では後続も
引っ張られているため、一定の持久力は問われたはずで、結果としても地力を
しっかり反映したものになったと言えそう。

また上がりの部分では、ゴールまで全く落ちないラップになっていて、この
コースらしく末の持続力が必要になり、脚質的にも差し馬にやや有利になった。

今回の上位馬に関しては、(その後G1でも馬券になっている)昨年の上位馬と
比べてもそれ程遜色ない内容を示していて、レベル的にはある程度高いレース
だったと言えそうで、十分この先につながっていきそうな雰囲気。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

レーヴディソール
速い前半は受け流した格好で、展開的には多少恵まれたところもあったが、
勝負所での余裕と、終いまで伸び切った(トップスピードの)持続力を見れば
このメンバーの中では1つ上の存在…という雰囲気。
勝負所での一瞬の切れや、不器用そうな部分など、不安材料もありそうだが、
素直に今後に期待したい。

アドマイヤサガス
4角で大外を回った相手に対して、最内→中という軌道でロスが少なかった
ことを考えれば、さすがに勝ち馬と力量差は否めないという印象。
それでも終いの部分では最後までしっかりと脚色を保っていたし、この馬
単体で考えれば、この先も十分期待できそう。

メイショウナルト
今回の内容からも十分持久力の高さは示しているが、(前半で脚を使った分は
あるにしろ)終いの部分の持続という点では、やや不安を感じなくもない。
…もう1戦見守りたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事