2010年10月6日水曜日

札幌2歳S回顧 2010


レース総括
■前半速く、(実質的に)上がりはロングスパート気味の展開
■持久力&末の持続力が問われた


札幌2歳S結果
オールアズワン1.49.8 35.8 04-05-06-04
アヴェンチュラ1.49.9 35.7 09-08-08-07
アドマイヤセプター1.50.2 36.0 09-08-08-05
ルルーシュ1.50.2 36.5 03-03-03-02
ギリギリヒーロー1.50.3 36.6 04-04-03-05

天候:晴 芝:良
上り4F:48.8 3F:36.5
前半1000m:61.0
12.5-11.6-12.0-12.0-12.9-12.3-12.5-11.9-12.1




レース詳細
ラップタイムを見ると、スタート直後はミドルペースくらいだが、4F目までが
なかなかスピードの落ちない展開で、その後道中で一旦流れが落ち着いてから、
3コーナーあたりから加速していく形。

今回の特徴は、道中がなかなか緩まずに、実質的に前半が速くなったことで、
後続にしてもその部分で引っ張られたことで、かなり持久力を問われるレース
だったと言えそう。

また上がりの部分ではかなりの加速を示し、一見切れが問われる展開になって
いるが、上位馬に関しては3~4コーナーで一気に動いていて、そこから終い
までに長い脚を使っていることから、切れというよりも末脚の持続力を持って
いることが重要になった。

今回の内容であれば、レベル的にもまずまず高く、上位馬の地力はある程度
信用しても良さそうで、この先にも十分つながっていきそうな雰囲気。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

オールアズワン
この流れをある程度好位で受けて、それでも終いまでしっかり伸び切っている
ことから、この時点での持久力&持続力に関しては十分なものを示した。
当然次戦以降でも、タイプ的には特に長めの距離で期待できそうだし、近い
ところにナリタブライアンの名前が入っているというのも本当に新鮮で、その
意味でも注目していきたい。

アヴェンチュラ
スタートからの序列のまま、結局勝ち馬は交わせなかったものの、ややレース
間隔が空いていた中で、しっかりと持久力&持続力は示した形。
この先G1まで考えると、もう少し前半の速さへの対応という部分の裏付けは
欲しいところだが、タイプ的に長い直線を伸び切る戦いは合っていそうだし、
気は早いが、現時点で最有力の1頭であることは間違いない。
個人的にも応援したい。

アドマイヤセプター
今回の内容でも十分実力は認められるが、持久力という部分では上位2頭とは
少し差があったように思える。
まだ2戦目なのではっきりとしたことは言えないが、この馬はやはりもう少し
スピードを活かせる舞台の方が合っていそうで、その意味では距離短縮での
巻き返しに期待したいところ。

ルルーシュ
この展開を好位から進めて4着まで残ったというだけでも、十分地力は示したと
言って良さそう。
この馬の場合、北海道の1800mを2戦走っただけなので、スピードという点で
まだ未知数の部分はあるが、それが大丈夫であれば、この先巻き返しを期待
できる場面は十分ありそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事