2011年8月18日木曜日

北九州記念回顧 2011


レース総括
■平均レベルのハイペース戦
■一定の持久力が問われた


北九州記念結果
トウカイミステリー1.07.2 33.6 13-09
エーシンリジル1.07.3 34.1 06-04
エーシンヴァーゴウ1.07.3 34.7 03-03
テイエムオオタカ1.07.4 35.0 01-01
ヘッドライナー1.07.4 34.4 04-04

天候:曇 芝:良
上り4F:45.4 3F:34.8
前半3F:32.4
11.8-10.0-10.6-11.1-11.4-12.3




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半速く、2F目以降は一直線に近い形で減速していく
展開で、(馬場を考慮すれば)ラストもしっかりラップが落ちている印象。

今年は開催時期の違いによる馬場の速さがあるので、まずは前3F:32.4秒という
ペースをどう捉えるかだが、過去5年の前後半の差が平均2.44(32.56-35.00)、
今回が2.4(32.4-34.8)ならば、前傾度としては極めて平均的な水準。

つまり、このレースとしては極端に厳しいという訳ではないものの、例年並の
ハイペース戦で、一定の持久力が問われる展開だったと言える。

したがって今回の場合、絶対的に信頼できるレベル…という訳にはいかなくて、
より高いレベルを目指すには別のステータスがどうしても必要になりそうだが、
最低限このくらいは出来る…という裏付けにはなっているので、とりあえずは
上位陣の今後に注目する価値はありそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

トウカイミステリー
今回は前後半イーブンの内容での勝利だったが、過去のこのレースの勝ち馬は
全て前傾の内容を示しており、つまり相対的に前半で楽をした形だったので、
さすがに嵌った感は強い…。
もちろんこの馬単体で考えれば、ハイペース戦に対する適性は今までにも示して
いたが、しっかり速い流れにつき合った内容でなければ、地力の面でどこまで
信頼できるかは判断しづらい…。
とりあえずもう1戦見守りたい感覚。

エーシンリジル
基本的には持続力を活かしたいタイプだが、今回は一応しっかり前傾の内容を
示しているので、単体で考えればパフォーマンス更新という捉え方ができそう。
ただし上位の中では相対的に控えた形ではあるので、単純に地力を信頼するには
もう少し裏付けが欲しい印象。その点は今後見極めたい。

エーシンヴァーゴウ
速い流れをしっかり追い掛けて、ラストも止まり過ぎない形での3着なので、
前に向いた馬場だったとは言え、これは強い内容と捉えたい。
この馬の場合、今回のような飛ばして粘る形も、もう少し終いの脚を活かす形も
どちらも問題ないので、次戦がサマースプリント狙いのセントウルSであれば、
大いに期待が持てそうなイメージ。

テイエムオオタカ
ハイペースを演出して、最後も0.2秒差の4着なら良く粘ったと言えそうで、
前走に引き続き、地力の高さを示した内容。
当然これは次戦以降での巻き返しに期待したいところだが、今のところこの馬の
イメージは、一貫したスピードを持続するというよりも、スタート飛ばしての
溜め→切れor余力勝負という形の方が合っていそうで、(実力がどこまで通用
するかは分からないが)当然今後は中山を見据えて…ということになりそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事