2011年8月11日木曜日

関屋記念回顧 2011


レース総括
■前半~道中がある程度締まった展開
■一定の持久力&持続力が問われた


関屋記念結果
レインボーペガサス1.32.6 34.0 03-03
エアラフォン1.32.7 33.1 10-11
サトノフローラ1.32.8 33.6 08-08
マイネルクラリティ1.32.8 34.0 05-05
セイクリッドバレー1.32.9 33.7 11-09

天候:晴 芝:良
上り4F:46.4 3F:34.8
前半4F:46.2
12.5-10.5-11.5-11.7-11.6-11.8-10.9-12.1




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半速く、道中もある程度締まった展開で、勝負所では
しっかり加速を示しているものの、上がりは少し掛かる形。

今回の特徴は、この舞台としては珍しく前傾の展開となっているように、やはり
前半~道中の速さだと言えて、切れよりも、一定の持久力&スピード持続力を
備えていることが重要になった。

この展開であれば、(位置取りや動き出しのタイミングの差で、各馬が示した
適性に多少の違いはあるものの)上位の地力はある程度信頼していいはずで、
この先へのつながりはしっかり意識しておきたい感覚。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

レインボーペガサス
元々持続力はしっかり示していた馬ではあるが、(マイル戦の中でも速い方に
分類される)今回のスピードの中でもそれが示せたことは大きな収穫。
現時点では、より高いレベルのレースで活躍出来るかは微妙だが、元々適性的に
嵌る京都であれば無視はできない…という印象。
当然今後、注目しておきたい。

エアラフォン
今回は+12kgという馬体重が示すように、状態面で完璧という訳ではなかったの
かも知れないので、結果自体はどこまで信用していいか微妙だが、少なくとも
持ち前の終いを伸び切るという部分はしっかりと示している。
とりあえずこの先は、(前走・ストークSである程度示してはいるが)道中から
もっと脚を使う形でどこまで出来るか…という部分を見極めたい。

サトノフローラ
軽斤量と、ギリギリまでしっかりと抑えた鞍上の好騎乗による部分も大きいが、
この馬自身、今回の展開&相手で浮上できたことは評価しておきたい。
個人的な関わりとしては、元々フラワーCの厳しい展開を好位から良く粘った
…というところからの馬だが、その時のイメージに違わず、やはりマイルまでの
スピードレースでこそ、力を発揮できそうな雰囲気。
当然この先も注目しておきたい。

セイクリッドバレー
道中で相当に脚を使って、最後も伸びてはいるが、浮上し切れなかった内容。
個人的に、最後まで伸び切ることが求められる新潟外回りの3~4コーナーで
動くことは致命的…だと思っているので、最後甘くなったことは仕方がない。
素直に巻き返しに期待したい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事