2011年12月17日土曜日

愛知杯@小倉競馬場展望 2011


とりあえずここは同舞台の重賞・小倉記念の傾向を考えた、先週の中日新聞杯の
記事を参考にしておきたい。(→中日新聞杯@小倉競馬場展望)

好走する条件
・一定の持久力&スピード持続力があること


予想
エスピナアスール、シンメイフジが単独で引っ張っても十分速くなりそうだし、
その直後につけたいタイプも揃っているので、やはり緩い流れは考えにくい。

◎コスモネモシン
元々しっかり引っ張られて持久力&持続力が問われる形でこそというタイプで、
ここの展開は合っているはずだし、今年は速い上がりも問題なくこなし、どんな
展開でも崩れない地力を示していて、明らかな成長を感じる1年だった。
当然、昨年の0.3秒差・5着からの前進はあっていいはず。

○セラフィックロンプ
昨年も勝利しているように、前半引っ張られる形から速い上がりを求められず、
持ち前の持久力を活かせるこの舞台はやはり合う。
休み明けで差しが決まった前走でもそれ程負けていないし、ここへ向けて状態は
おそらく上向いてくるはずで、やはりここは期待しておきたい場面。

▲フミノイマージン
後半の持続力に関しては上くらいの内容を示している馬だし、エリザベス女王杯
でも一応浮上はしてきているように、持久力という部分もおそらく問題ない。
前半で、自身も脚を使わされた場合の心配も多少はあるが、やはりここは確実に
上位に食い込んできそうな雰囲気。

注ワルキューレ
小倉記念の内容からは前半であまり引っ張られるとどうか…という気もするが、
道中~上がりに掛けての持続力はかなり高いものを示していて、タイプ的には
ここで浮上してくる可能性は十分ありそう。注目しておきたい。

△ブロードストリート
昨年もここでしっかり結果を残しているように、引っ張られる形からの地力勝負
という展開は合っていて、今回も浮上は十分考えられる。
単純に現状それだけの出来にあるか…という問題だけ。

△シースナイプ
持続力に関してはもう少し欲しいところだが、前半で脚を使い持久力が問われる
展開はしっかりこなしている馬で、京都や阪神の中距離よりもむしろ嵌りそうな
雰囲気を感じるタイプ。可能性としては考慮しておきたい。

△シンメイフジ
前走は飛ばしに飛ばす形でも大崩れはしていないし、かなり前掛かりな展開の
中京記念でもしっかり残っているように、持久力という点ではおそらく上位。
上がりまでしっかり持続できるか…という点が少し疑問だが、可能性としては
好走もあって良さそう。

☆レーヴディソール
復活を期待したい気持ちももちろんあるが、ピッタリな条件でもない舞台では
さすがに強くは推しづらいし、半端な評価をするくらいならむしろ静観したい。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事