2011年12月18日日曜日

朝日杯FS展望 2011


予想
メンバー的に例年通りの流れを期待していいかは微妙だが、多少ペースが落ち
着いたとしても、適性的に持続力を重視する…という部分に変わりはない。
あとはその場合、"内枠有利"がより顕著になる可能性だけ考慮しておきたい。

◎ローレルブレット
千両賞は道中が相当締まった展開を積極的な競馬で押し切っているし、レベルの
高い黄菊賞の持続力勝負でもしっかり差して来ていて、パフォーマンスとしては
1枚上とも言える内容を示している。
ここを確実に勝てると考えるには、もう少し切れが欲しいイメージだが、内枠に
入ったことだし、とりあえず好走する可能性は高そう。

○マイネルロブスト
スピード耐性の裏付けには乏しいのだが、札幌2歳Sで示した機動力&持続力を
考えると、上手く立ち回って、ここの展開自体には嵌る可能性がありそう。
好位~中団までの位置につけられれば、最低でも見せ場は作りそうな雰囲気。

▲ダローネガ
水準高い道中の裏付けには結局乏しいのだが、どんな不利な条件でも全く崩れ
ないし、父譲りのラスト1Fの強さなど、地力はやはり高いと思える。
そして今回はまたも、大外枠という飛びっきり不利な条件だが、上手く好位に
つけられさえすれば、普通に好走はしてきそうなイメージ。

注サドンストーム
前走はなかなかの持続力を感じさせる内容でもあったし、溜めも効いてまずまず
速い上がりを使えた形なので、マイルにつながっても良さそうな印象。
最内枠にも入ったし、ロスなく回って来れれば、上位に残る可能性は十分。

△クラレント
1400mの締まった展開でしっかり浮上して勝ち上がり、デイリー杯2歳Sの溜め
→切れという展開でも勝ち切っているのだから、その合わせ技で、ここの展開は
こなせていいのかも知れない。注目しておきたい。

△レオアクティブ
同舞台の芙蓉Sではスローで何も出来ずに終わったが、ここのしっかり引っ張ら
れる流れであれば、持ち前の持続力を活かして浮上する可能性はありそう。
外枠というのは当然気になるが、それだけで消せるという雰囲気でもない。

△ショウナンラムジ
スムーズな切れ…とかではないので、上がりが速くなったこの2戦は結果を出し
切れてないが、未勝利を勝ち上がった時はしっかり引っ張られる形でなかなかの
地力を示しているし、ここの展開は向いていいはず。
とりあえず位置取り的には、ちょうど良い所にいそうな雰囲気。

△トウケイヘイロー
前走は淀みない展開を、好位からしっかり速い上がりを使って押し切った形で、
内容的にはここへつながっても良さそうな雰囲気はある。
外目の枠に入ったことは気になるが、可能性としては考えておきたい。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事