2016年11月27日日曜日

京阪杯展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.5-10.7-10.8-10.9-11.2-11.3 34.0-33.4
2014 12.4-11.2-11.1-11.0-11.0-11.6 34.7-33.6
2013 12.3-10.8-11.0-10.8-11.1-11.5 34.1-33.4
2012 12.2-10.7-11.4-11.4-11.3-11.5 34.3-34.2
2011 12.5-11.1-11.0-11.1-11.0-11.4 34.6-33.5
2010 12.2-10.7-11.0-11.0-11.5-11.6 33.9-34.1
2009 12.0-10.4-10.7-11.1-11.4-12.0 33.1-34.5
2008 12.5-10.8-10.9-10.8-11.4-11.7 34.2-33.9
2007 12.3-10.6-10.9-11.2-10.9-12.0 33.8-34.1
2006 12.3-10.9-11.0-11.1-11.2-11.8 34.2-34.1

過去10年の平均ラップタイム
12.32-10.79-10.98-11.04-11.20-11.64
1.07.97 34.09-33.88




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、スタート直後はそれ程速くはならないものの、道中は
かなり速いペースを保って流れていて、ラスト1Fだけ少しラップが落ちる形で、
全体としては前後半イーブンに近い展開。

この流れで問われるのは、何と言ってもスピード持続力で、ハイペース持久力
勝負を地力の高さで浮上するタイプよりも、(切れを発揮できるなど)純粋に
スピード性能の高いタイプの馬に向いている。

実際かなり速い流れになった09年も含めて、過去馬券に絡んだ馬で前傾の内容を
示しているのはサンアディユのみで(それも33.9-34.0というコンマ1秒だけ)
他はイーブンもしくは完全に後傾の内容を示しており、とにかくここでは速い
上がりが使えることを重視したい。


好走の条件
・スピード持続力があること


予想

◎セカンドテーブル
前走では、一応斤量を背負う立場ながら、まずまずの前半から→しっかりと速い
脚を使って好走しているし、この舞台では、他にもシルクロードSや鞍馬Sで
高いパフォーマンスを示していて、適性は当然高い馬。
京都のスピード勝負にピッタリはまっているタイプ的に、北海道での負けは全く
気にする必要はないだろうし、ここは普通に推せる。

○クリスマス
前走では、前半速くその後も締まった展開で、自身前後半をぴったりイーブンの
内容で勝ち切って持続力を示し、その内容と鳥羽特別で示した上がりの内容を
合わせて考えれば、ここの展開にも対応する可能性は十分あって良さそう。
少し間隔が空いた状態はもちろん気になるが、本来この路線ではもっとレベルの
高いところを走っていても不思議ではない馬。普通に好走でいいはず。

▲エイシンスパルタン
前走は、一応道中で溜められる展開ではあったが、休み明けの状態ながら前半で
脚を使いつつ→最後までしっかり粘り込んでいて、一定の地力を示した格好。
フラットな展開から→最後まで全く止まらない展開だった春雷Sの内容もここに
直接的につながっていいし、適性的にもおそらく問題はない。
評価としては3番手にはしたが、当然頭まで考えたい。

注アースソニック
ここでは、直前にダート戦を挟んだ一昨年は惨敗したが、2013年に勝ち切って
昨年も3着というように、適性は当然合っていて、持ち前の地脚の強さによって
道中の締まった展開にもヘコ垂れず、問題なく決め手を発揮出来る。
前走でも厳しい展開の中でしっかり好走しているし、これ程人気を落とす理由が
正直分からない。当然積極的な評価にしたい。

△ラインスピリット
オパールSでは、斤量は一応恵まれた立場ではあったが、まずまずのペースで
進めつつ→上がりをしっかりまとめて押し切っていて、そのパフォーマンスは
十分に評価できる。
ここは何だかんだ同舞台での経験がつながるレースでもあるし、上位争いする
可能性は当然考えておきたい。

☆ネロ
セントウルSは、自身は一応後傾の内容で浮上はしたのだが、レース展開自体は
ビッグアーサーが飛ばしたハイペース戦だったし、(少なくとも1200m戦では)
やはり基本的には粘りの方向性のタイプ。
その点、ここで上がり負けする可能性は否定できない。
それでいて1番人気というのであれば、少し静観したい気持ちにはなる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事