2016年11月12日土曜日

エリザベス女王杯展望 2016


予想
土曜の競馬を見ると、内や好位の馬も直線でしっかり脚を使えていて、ある程度
スピードに寄っているイメージで、昨年のようなスタミナ条件とは違っているの
かも知れない。

そうなると、2強の中ではマリアライトよりミッキークイーン向きということに
なるのだが…、同馬は休み明け。非常に困る。

迷いに迷った末、どちらを選んでも後悔しそうな感覚に陥り、それならばという
ことでパールコードあたりで一発…と考えてみても、この馬も大外枠でスピード
条件ではあまり強気には推しづらい…。

⇒思考が1周して、結局、最も無難な選択に。

◎マリアライト
前走は、着順も昨年と同じ5着に終わった訳だが、パフォーマンス的にも何ら
変わりのない内容になっていて、状態面での心配はとりあえずない。
今年の場合は、馬場が緩かった宝塚記念や昨年のエリザベス女王杯とは条件的に
少し異なりそうな雰囲気ではあるため、切れやスピードが強く問われた場合の
不安はあるが、馬場の速い目黒記念のようなレースでも普通に勝ち負け出来て
いる現状ならば、こなせない…ということはとりあえずなさそう。
安定した軸としては結局この馬しか選べない。

○ミッキークイーン
本来はJCを目指していいレベルの馬なので、ぶっつけでも何とかしてしまう
可能性は十分にあるし、条件的にも、今の状況ならばこの馬に向いた展開になり
そうなイメージはしっかり描ける。
それでも、中長距離路線のトップレベルの牡馬を相手にしてグランプリを制して
いる馬が1度叩いていて、牡馬相手には今のところ何もしていないこちらは休み
明けというのなら、やはり信頼度では大きく劣る印象。2番手で仕方なし。

▲パールコード
前走は、落ち着いた流れからの上がり勝負になったことが大きかったと思うが、
それ程合っている訳ではない舞台で結果を出したこと自体は評価していいはず。
元々地力は、かなり強い競馬をしたフローラSで一定のものを示しているし、
ゆったりとしたタイプ的に、今回は、距離延長&内→外回りに替わっての前進が
十分に見込める場面。
相手は当然強いが、勝ち負けに加わる可能性もなくはないはず。注目したい。

注タッチングスピーチ
昨年ここでは3着して、同舞台の京都記念でもしっかりと浮上しているように、
(遅れをとりやすいタイプ的に)京都外回りは本質的に合っている。
当然今回も浮上の可能性は高いし、上位には普通に考えておきたい存在だが、
休み明けというのがやはり微妙。
それが許される程に抜けている馬ではなかったはずだし、結局中途半端な評価に
しかできない。

△シュンドルボン
前走は、5着には終わったものの、完全な上がり勝負で、後方から外を回した
ことを考えれば全く問題のない内容。
昨年ここでは、7着ではあったが頭からは0.2秒差で、ヌーボレコルトと一緒に
浮上して来たパフォーマンスは悪くなかったし、重賞自体初めてだったその時と
比べて地力をつけている今ならば、前進も十分あっていいはず。

△ヒルノマテーラ
マーメイドSは、51kgの軽斤量ではあったが、道中でかなり脚を使いつつ→最後
しっかり迫っていて、一定の持久力&持続力は認めていいだろうし、距離延長に
対してもつながって良さそうな内容だった。
この相手に対してどこまで出来るか?という部分はもちろんあるが、浮上する
可能性は十分ありそう。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事