2016年11月18日金曜日

東京スポーツ杯2歳S展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.9-11.7-12.3-12.4-13.1-13.4-11.5-10.9-11.3
2014 12.7-11.1-11.6-12.4-12.5-12.7-12.3-11.0-11.6
2013 12.7-11.4-11.7-11.8-12.0-11.9-11.6-11.2-11.6
2012 12.8-11.1-11.2-11.3-12.0-13.1-12.2-10.9-11.4
2011 13.3-11.9-12.3-12.9-13.2-13.2-12.2-11.5-12.2
2010 13.0-11.5-11.7-12.1-11.8-12.0-11.8-11.5-11.9
2009 12.8-11.4-12.0-12.2-12.7-12.7-11.4-11.2-11.8
2008 12.6-10.6-11.8-13.3-12.7-12.4-11.6-11.4-11.3
2007 13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
2006 13.3-11.3-12.0-12.6-12.6-12.6-11.7-11.3-11.3

過去10年の平均ラップタイム
12.91-11.29-11.79-12.28-12.50-12.68-11.83-11.22-11.63
1.48.13




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペースくらいの流れで、道中はしっかりと
緩み、ラスト3Fで一気に加速して、上がりがかなり速くなる。

この時期の馬の1800m戦だけに、道中落ち着く展開からの上がり勝負というのが
やはり基本となり、勝負所での切れ&直線での持続力が問われるレース。

実際に(道悪の2011年を除けば)コース改修後の全ての勝ち馬が、最低でも34秒
台前半の上がりを使っているように、ここでは素直に上がりの性能の高い馬を
選べば良さそう。

脚質的には、しっかりと切れ味を持った馬ならそこまでこだわる必要はないが、
この展開だけに、極端に後ろのポジションからではさすがに厳しくなるので、
やはり中団あたりまでにつけられる馬が良さそう。


好走する条件
・勝負所での切れ&トップスピードの持続力があること


予想

◎スワーヴリチャード
新馬戦は、結果的に敗れはしたが、全く届きそうもなかったところから、ラスト
1Fを(もしかしたら10秒台の脚で)伸び切ってタイム差なしの2着。
前走も、ある程度長い脚が必要な展開を、好位からしっかり攻めて押し切って
いて、後半の信頼度はかなり高い。
タイプ的に、パーツが長めで少し不器用なところがあるため、真っ直ぐ走って
こそ…というところがあるので、内回りから→直線の長いコースに替わっての
前進も大きそう。妙味もあるし、ここは推したい。

○ムーヴザワールド
新馬戦は、道中をかなり高い水準で進めつつ→しっかりとした決め手を発揮する
形での勝利で、直線で一旦は明確に後れを取ったところから→坂上を伸び切って
交わした内容も十分なインパクトがあった。
ただし、(姉と同じイメージの)瞬間的な動きが微妙なところが、勝ち切れるか
どうか?という点で、(人気程には)絶対視はできない。
それならば、同じようなリスクがあっても、妙味のある相手の方を選びたい。

▲ジュンヴァリアス
前々走では、道中をかなり高い水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめて、
一定の地力は示したし、その内容と前走で示した決め手を合わせて考えれば、
ここで上位争いする可能性はあっても良さそう。
走法的にも直線勝負向きなイメージで、人気は全くしていないが、この手の舞台
では侮れないタイプなはず。注目したい。

注ブレスジャーニー
前走は、しっかりとした決め手を発揮しての勝利で、性能的には当然上位。
ただしその時は開幕週ながらの外差し馬場だったし、そこまでスケールの大きな
タイプではないため、(現時点では問題ないかも知れないが)距離延長していい
という訳でもなさそう。
否定するまでの要素はないのだが、すんなり勝ち切るという気もしない…。

△オーバースペック
前走は、最後方から最後しっかり伸び切っての2着。
その内容であれば、距離延長につながって良さそうだし、浮上は十分ありそう。
ただし(地脚は強そうだが)脚元が少し硬そうなイメージがあるタイプなので、
(他に性能に優れた馬もいるここでは)効率の部分で不利になるかも…。微妙。

☆トラスト
札幌2歳Sをしっかり勝ち切っている馬なので、一定の地力は当然認めていい
だろうし、好走はもちろんあり得る。
ただし、切れという点での裏付けは全くないので、それでもしっかり人気する
ようなら、ここは静観する…というのも1つの手。

☆キングズラッシュ
新馬戦では、道中をかなり高い水準で進めて勝利しているし、馬体&走法など
からも、雄大で持久力は十分に感じられるタイプ。
ただしその分、決め手という点ではどうか?というのはあるため、ここでは1つ
控えた見方をしたくなる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事