2016年11月2日水曜日

天皇賞(秋)回顧 2016


レース総括
■ゆったりした流れから→大きく加速する展開
■切れが問われた


天皇賞秋結果
モーリス1.59.3 33.8 05-05-04
リアルスティール1.59.5 33.5 08-10-10
ステファノス1.59.7 33.5 13-14-14
アンビシャス1.59.9 34.0 14-12-10
ロゴタイプ1.59.9 34.5 03-03-04
アドマイヤデウス1.59.9 34.2 09-08-08
ルージュバック1.59.9 33.9 11-12-10

天候:曇 芝:良
上り4F:46.2 3F:34.2
前後半1000m:60.8-58.5
13.3-12.0-11.6-11.9-12.0-12.3-12.0-11.5-11.0-11.7




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半かなり遅い入り方をして、道中のペースもあまり
上がらない展開、その後4コーナー~直線に掛けて大きく加速する上がり勝負。

今回の特徴は、何はともあれ前半~道中の遅さで、当然のようにレース後半の
比重が大きくなり、ほとんど直線勝負と言っていいような展開から、適性的には
切れが問われた格好。

したがって今回の場合、基本的には単純な性能勝負というだけだが、上位馬の
中では、一応は(道中で無駄脚を使わないための)純粋な持久力&(坂を力強く
上るための)地脚の強さ…という部分で差がついた雰囲気で、結局は力のある
馬が浮上した格好。

今後に向けては、この展開なので、(地力というよりも)適性的な裏付けとして
扱いたいところで、今回切れ不足で負けた馬も含めて、細かい上げ下げは必要に
なりそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

モーリス
今回は、負けるとしたらこのパターンというような、決め手に優れた中距離馬に
向いた展開になった訳だが、それを(最後少しヨレてはいたものの)しっかりと
勝ち切ったのだから、実力が数枚抜けていた…と言うしかない。
適性云々を言わせない馬に対してここで語るようなことは何もないし、今は唯、
香港で有終の美を飾って欲しい…というだけ。
寂しさはあるが、しっかり目に焼き付けたい。

リアルスティール
中団から→少し後ろに下げて、直線(やや内に切れ込みながらではあったが)
しっかり浮上しての2着。
予想の段階で「一瞬の切れが問題…」というようなことを書いたが、この結果を
受けて言えば、スムーズに走れれば特に問題になる程のことではなさそう。
結局この馬も、それくらいに性能面で上の存在…ということだろう。
この先に向けては、G1勝ちは1800mだが、菊花賞までしっかりこなしている
馬でもあるし、やや勝ち味に遅いタイプ的にも距離延長は良さそうで、ゆったり
した走りが出来るジャパンCでの期待は十分。
逆にスムーズさを欠く可能性がある有馬記念の方が問題になりそうな印象。

エイシンヒカリ
前半~道中のペースとしては昨年とほとんど変わらず、同じ失敗を繰り返した
ようなものだし、尚且つ今年の場合は、仕掛けもギリギリまで待つ形。
ただただ切れ負け。残念な内容だった。
モーリスとのガチの地力勝負を見たかった…という心残りはあるが、気を取り
直して、香港での再度の活躍を期待したい。
(もちろんそこでモーリスとの再戦となればベストだが)





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事