2016年11月11日金曜日

デイリー杯2歳S展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.8-11.7-12.1-12.8-12.3-11.3-11.3-11.6
2014 12.6-11.4-12.0-12.8-12.3-11.4-11.2-11.4
2013 12.1-10.5-11.3-11.8-12.2-12.2-11.4-11.7
2012 12.4-11.3-12.0-12.2-12.5-11.7-10.9-11.7
2011 12.1-10.9-11.5-12.7-12.5-11.4-12.0-11.8
2010 12.1-10.8-11.6-12.5-12.0-11.5-11.6-11.5
2009 12.1-11.0-11.4-12.3-12.0-11.7-11.4-11.8
2008 12.2-10.8-11.5-11.7-11.7-11.2-12.2-12.0
2007 12.3-11.3-11.9-13.1-12.4-12.0-11.0-11.6
2006 11.9-11.3-12.1-12.1-11.9-11.1-12.0-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.26-11.10-11.74-12.40-12.18-11.55-11.50-11.70
1.34.43




傾向(過去記事の転載)
過去の平均ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速く、道中は一旦
落ち着く展開で、ラスト3Fでしっかり加速して、その後は一定に近いスピードを
維持する形。

この時期の馬のレースなので、道中が緩むことも多くなっているのだが、中には
締まった展開から→しっかりと地力が問われるケースもあるので、やはり一定の
持久力を備えている馬の方が信頼はできる。

ただし最後の部分は、このコースらしくラップがあまり落ち込まないため、末の
持続力は確実に問われるはずで、その点の裏付けはしっかりと取っておきたい。


好走の条件
・一定の持久力は欲しい
・末脚の持続力が必要


予想

◎ジューヌエコール
前走は、4コーナー~直線でしっかりとした切れを発揮して、最後も一応余力を
残した形での勝利。
馬体を見ても、1400mの馬という訳でもないし、質が良く、センスを感じられる
イメージから、距離延長も普通にプラスに働きそう。
人気はしているが、ここは素直に推しておきたい。

○ユノディエール
前走は、後方から3~4コーナーで一気に捲る競馬をして、そこから大きく加速
する展開には対応し切れなかったものの、しっかりと粘りを見せた格好。
その内容を考えると、持久力は十分に認められるし、パフォーマンス的にもここ
では普通に上位。周って来れば自然と浮上してくるものとして扱いたい。

▲ディーパワンサ
前走は、道中を高い水準で進めて→上がりをしっかりまとめた内容で、その時の
パフォーマンスは、単純にここでは上位に扱える。
小柄で少し非力な印象もあるので、京都に替わることは恐らくプラスに働きそう
だし、ここではしっかりと注目しておきたい存在。

注ベルカプリ
前走では、まずまずのペースで逃げつつ、溜め→切れを発揮して勝利していて、
パフォーマンス的に、ここでも十分残れていいレベル。
外回りに替わり、長い直線を押し通せるか?という部分はあるが、体はしっかり
しているイメージだし、崩れそうな雰囲気はとりあえずない。

△リナーテ
新馬戦は、緩い流れからの直線勝負を押し切った…というだけだが、一応余力を
残した形での勝利だし、(首は少し高めの印象だが)脚はしっかりと伸びるし、
センスは十分感じられる走りだった。
他馬と比べると裏付けは薄く、評価はここまでだが、可能性としては考えたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事