2016年12月18日日曜日

朝日杯FS展望 2016


予想
土曜の競馬からは、(楽ではない展開も含めて)とにかく逃げ切りが目立って
いたし、道中で内を通った馬が浮上する(粘り込む)という部分も相変わらず。
先週程ではないにしても、その傾向は続いている。

その中で、有力な馬たちが結構外枠を引き、(ぼんやりとではあるが)本命に
考えていた馬もそこに含まれる…という部分が、引き続いての悩みどころ。

⇒結果的に、先週とは逆の選択をしたが、裏目に出そうな気がしてならない…。
(袋小路に迷い込んだ感が半端ではない)

◎ダンビュライト
前走では、開幕週ながらの差し馬場で、位置関係的には後ろにいた相手に一瞬の
切れで屈した格好だが、パフォーマンス自体はまずまずのものを示しているし、
新馬戦でも、道中を高い水準で進めて勝ち上がっていて、地力の面でも適性の面
でも、一定の信頼はできる馬。
今回は、枠的にも他の有力馬と比べればマシなところに入ったし、(少し難しい
かも知れないが)ルメールJが先週と同じようなイメージでロスのない競馬を
選択すれば、勝ち切る可能性は普通にあって良さそう。期待しておきたい。

○アメリカズカップ
前走では、道中を高い水準で進めつつ→しっかりとした決め手を発揮して勝ち
切って、新馬戦も、道中をかなり高い水準で進める形での勝ち上がり。
示している裏付けで言えば、本来はナンバーワンという存在。
当然、元々は本命候補ではあったのだが、スタートをゆったりと入る経験しか
していない点、少し間隔が空いた点、外枠を引いた点など、不安な材料が複数
あって、(リスクを引き受けつつも本命にした)先週のリスグラシュー以上の
逆境の立場…という印象。この人気の無さはさすがに揺らぐが…2番手。

▲トラスト
前走は、後ろ4頭の決着というレースで、それを番手からしっかりと粘り込んだ
格好で、自身のパフォーマンスとしても十分なものを示している。
当然、地力はここでも普通に上位に扱えるし、切れという部分では不安なタイプ
ではあるものの、今の馬場で(逃げないにしても)積極的な競馬をすれば、残る
可能性は十分あっても良さそう。
(大外なので少しでも弱気な騎乗をすれば、その時点でたぶん終わりだが…)
内枠ならば本命まであったが、何かしらには交わされる…という3番手評価。

注ミスエルテ
前走は、ギリギリまで溜める形からの→直線勝負で、それを立ち遅れて後方から
進めつつも、最後自身10秒台を2つ並べる内容で差し切っていて、その性能は
確かに凄いものを感じさせるし、タイプ的にも、1400mでは持て余した印象では
あったので、マイルに戻ることもやはりプラス。
ただしソウルスターリングと比べると、地力の面での裏付けはハッキリ薄くて、
しかもこちらは外目の枠を引き、尚且つ相手は牡馬。
それで同じレベルの1番人気になる…というのは正直違和感がある。

△サトノアレス
前走は、比較的外へ持ち出す馬が多い中で自身は内目を突いた格好…とは言え、
直線に入ってから一瞬で抜けて来た"切れ"には、なかなか凄いものを感じたし、
性能の部分では、ここでも普通にトップ争いかも知れない。
ミスエルテと同様に、現段階では地力の面での裏付けが正直薄い扱いになるし、
今回は外枠にも入ったので、評価としては結局のところ4~5番手までという
ことになってしまうのだが、可能性としては十分あっても良さそう。
とりあえず注目はしっかりしておきたい存在。

△モンドキャンノ
スプリントで一応しっかりと地力は示している馬だし、前走の切れ勝負を勝ち
切って、適性の幅という部分でも前進を見せた。
元々フットワークの良さがあるタイプなので、とりあえず現段階での距離延長は
問題ないだろうし、前走で勝ち負けを演じたレーヌミノルも、先週同じ舞台で
しっかり好走しており、やはりこちらも侮れないイメージ。
さすがに勝ち負けには足りないとは思うが、好走は当然あっていいはず。

△レッドアンシェル
デビュー2戦は、ともに余力を残した形での勝利で、まだ底を見せていない扱い
になるし、中でも前走では、性能面でしっかりしたものを示した格好。
小柄だが脚はしっかり伸びるイメージで、距離延長という部分も問題はない。
地力の面での裏付けは薄くて、結局のところ信頼するところまではいかないし、
評価としてはあまり高くすることは難しいが、未知の魅力…という部分はやはり
あって、当然注目はしておきたい存在。

△ボンセルヴィーソ
前走は、展開的に恵まれた部分は大きいが、実際に今回のメンバーで横の比較を
すると、そのパフォーマンスは上位扱いになる。
(それくらい全体的に裏付けが薄いということでもあるのだが…)
今回は隣にタガノアシュラがいたりして、同じように楽な展開に持ち込むことは
まず無理だと思うが、内枠はしっかり確保したし、位置取りよりもペースを守る
ような競馬をすれば、粘り込む可能性はあっても良さそう。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事